人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2016年12月27日

ロシアフィギュアスケート選手権男子シングル レビュー

フィギュアスケートレポート by セルゲイ・ヴォルコフスキー
  • Line

試合後記

それにしても、良くも悪くもロシア男子の個性の豊かさを、あらためて深く感じた大会でした。

1位ミハイル・コリヤダ

1位 ミハイル・コリヤダ

プルシェンコが男子はリーダー不在と大会前に述べた見解は正しいものでしたが、唯一それを覆したのは、ミハイル・コリヤダでした。ショート、フリープログラムともにスピード感溢れる安定した演技で優勝を飾りましたが、「ロシアチャンピオンになったという実感はまだありません。(フリーでは)大きなミスがあったのですが、全体としての演技はとても良かった。成長して行く余地はまだありますが。」といつもにこにこ明るい笑顔の彼らしく、爽やかに謙虚に話しました。

指導するいつも穏やかなセラピストのようなチェボタリョーワコーチは、「ロシアチャンピオンを育てることは私の人生の夢でした。安定しているトウループに加え、サルコウとルッツの4回転が安定してきたら、世界で戦うことが出来るでしょう。」と語りました。コリヤダの優勝は彼女の努力の結晶であり賜物です。

アレクサンドル・サマリン

2位 アレクサンドル・サマリン

ジュニアグランプリファイナル2位の19歳のアレクサンドル・サマリンの躍進は驚きでした。タチアナ・タラソワの「お気に入り」の選手ではないようですが、彼の努力を厭わない性格は彼女も認めるところ。意欲満々で選手権に臨みましたが、落ち着いて全ての力を出すことに成功、「正直言うと表彰台のことは考えていませんでした。目標にしていたのは代表入りと2017年のユニバーシアードで、ヨーロッパ選手権は狙っていませんでした。フリーでは取りこぼしがあり、間違えて古いバージョンで滑ってしまい、最後にダブルアクセルを付け加えなければならなくなってしまったんです。」と、シニアでも十分戦える自信を得て意気揚々と、しかし冷静に試合内容を振り返りました。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧