ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2022/04

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2022年04月14日

リーグワン入替戦フォーマット決まる&NTTグループのこと

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

NTTジャパンラグビーリーグワン2022は、今週末、第13節を迎える。優勝争い、順位争いは佳境を迎えるが、414日、入替戦のフォーマットの発表があった。当初は、ディビジョン1D1)の下位3チーム、D2の上位3チーム、そして、D2の下位3チームとD3の上位3チームがたすきがかけに戦うことが決まっていた。

しかし、NTTグループのチーム再編でNTTドコモレッドハリケーンズ大阪が再審査を受けて下部リーグからの再スタートが決定。宗像サニックスブルースも今季限りの活動休止を発表した。ブルースはチームの譲渡先を探したが現時点で見つかっておらず、入替戦には出場しない。2チームが入替戦に出ないことで、方式を変更することになったわけだ。

簡単に書くと、レッドハリケーンズ大阪を除くD1の下位2チームが入替戦に出場し、D21位は自動昇格。2位、3位が入替戦に出場。D3は、宗像サニックスブルースを除いて、最上位がD2に自動昇格。2位がD26位チームとの入替戦に出場する。来季は新規参入可能なチームはなく、D112チーム、D26チーム、D35チームとなる。※今後、ブルースの譲渡先が見つかった場合は、D3が6チームの可能性もあり。

NTTグループの再編について、今一度整理しておきたい。NTTグループのシンボルチームは新事業会社を作って運営される。新事業運営会社は既存チーム(シャイニングアークス東京ベイ浦安)を引き継ぐ、リーグワンの会員となる。つまり、NTTコミュニケーションズという会社が所有するチームは無くなり、トップを目指す新しいチームがリーグワンに生まれる。そして、NTTドコモが保有する会社のチームは社員を中心とした編成となり、下部リーグから再出発する。

したがって、レッドハリケーンズ大阪がやってきた社会貢献、地域貢献はそのまま引き継がれ、自治体や大学との連携協定もそのまま継続される。NTTグループとしては前向きな再編だが、選手やスタッフは自らの行き先が決まるまでは不安な日々だろう。それでも彼らは最後まで懸命に戦おうとしている。自分がなんのためにラグビーをしているのか、なんのために戦っているのか、考え続けているのかもしれない。

今週末(416日)、レッドハリケーンズ大阪は、ヨドコウ桜スタジアムで、トヨタヴェルブリッツと戦う。ナイターということで、スタジアム外では縁日のような演出が行われ、スタジアムの中では光の演出もあるという。世界屈指の名将の一人であるヨハン・アッカーマンヘッドコーチは、未来を考えて不安になるのではなく、いまこの瞬間を大事にしようと話しているそうだ。「いまある環境は当たり前ではない。感謝すべきだ。誰にいつ、どんなインスパイアをしたいのか、毎朝、考えよう。一人でもお客さんが来てくれるなら、その人のために戦い、感動、勇気を与えよう」。現体制のレッドハリケーンズ大阪の戦いは、あと4試合だ。

  • Line