ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/07

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年07月06日

静岡ブルーレヴズ 五郎丸歩CRO始動

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20210706-1.jpg

74日は、静岡県磐田市に行って、静岡ブルーレヴズ(旧ヤマハ発動機ジュビロ)のオンライントークライブの進行役をしてきた。スタッフ入りする五郎丸歩さんの役職名の発表会見でもあったのだが、最近は、記者会見が続いているので、違う形で発信しようという試みだった。

山谷拓志社長から発表された肩書は、「クラブ・リレーションズ・オフィサー(CRO)」。このCROは、Jリーグの鹿島アントラーズ中田浩二さんの役職名としてあったもので、山谷社長がアントラーズから許可を得ての発表だった。「しっくりくる」と五郎丸さん。「このチームに13年お世話になったので、しっかり恩返ししたい気持ちと、ラグビー界を盛り上げたいという気持ちの両方がひとつになったのがCROです」。

今後は、磐田市の事務所で勤務しながら、行政や地域とクラブをつなぎ、スポンサー集めや普及活動に飛び回ることになる。山谷社長からは、「新リーグのホームでの開幕戦を満員にするように」というミッションが与えられており、いろんなチケットの企画も考えているという。「パワーポイントで企画を書いてきたんですよ。で、これ収支は?と言ったら、それはこれから、というんです」と笑いを交えて話したが、山谷社長もその熱意と、五郎丸CROの知名度には大いに期待していた。

20210706-2.jpg

山谷さんはこれまでのトップリーグについて、「美味しい料理を出すのに、お客さんの来ないレストランみたい」という言い方をしていた。美味しそうな匂いをかがせない、接客が悪い、お店がおしゃれじゃないとか、そんなイメージだ。それを今後、どう見せて行くかが課題になる。山谷社長の前職は、Bリーグ「茨城ロボッツ」の社長。チームを再生させた手腕で、トップリーグとしては初のプロクラブとして先陣を切った静岡ブルーレヴズをどのように導くのか。話を聞いていると、見据える先には世界でのトップクラスのプロラグビークラブがある。楽しみな挑戦だ。

アメリカンフットボールのオフェンスラインの選手でもあった山谷さんは、体もがっちりしていて五郎丸さんに見劣りしない。同席した磐田市の草地市長も「一緒に並びたくないなあ」と笑っていたほど。僕は打ち合わせの時に挨拶したら、ポロっと、「ロボッツの山谷です」と言ってしまって、「あっ、無意識に出ちゃった。怖い、怖い」と苦笑い。それだけ足を運んで、たくさんの人に会って、ロボッツの価値を高めてきたということだろう。これからは、静岡ブルーレヴズのリーダーとして日本ラグビーの改革の先頭を走っていくことになる。それにしても、草地市長が若い。終了後は、世界一のクラブを作りましょう!と盛り上がっていた。

20210706-3.jpg

  • Line