ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/05

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年05月13日

ラグビー日本代表、11月にスコットランド代表と対戦決定

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

japan sco.jpg

日本代表が1120日にアウェイのエディンバラでスコットランド代表と戦うことが決まった。513日、日本ラグビー協会が発表したもの。この試合はキャップ対象試合となり、スコットランド代表との対戦はラグビーワールドカップ2019日本大会以来となる。

※写真はRWC2019の日本代表対スコットランド代表戦(筆者撮影)

日本代表は、11 月にヨーロッパ遠征を予定しており、その他の試合は交渉中。2019年以前は、ヨーロッパ遠征の前に国内で試合を入れていたが感染状況が読めない中で、試合が組めないのが現状だろう。2023年のラグビーワールドカップまでの強化を考えれば、11月にも45試合は戦いたいところだ。

日程: 20211120日(土) 日本代表 vs スコットランド代表

会場: BT Murrayfield (エディンバラ)

※キックオフ時間は未定

藤井雄一郎 日本代表ナショナルチームディレクター コメント

7月のアイルランド戦に続き、11月にスコットランド戦が決定いたしました。この戦いも、ラグビーワールドカップ2019日本大会のリベンジを受ける立場であり、このリベンジにどう勝っていくかが、強豪国入りの条件であると考えています。準備においては、どれぐらい日本国内の感染状況が収束しているかも、重要な勝利への要素となります。現在厳しい感染対策のもとでトレーニングに励んでいる選手達がそういった制限のない中でラグビーをプレーできますよう、また多くのファンの皆さまにラグビーを会場でご観戦いただけますよう、感染症の1日も早い収束を切に願いながら準備に努めてまいります」

<日本代表 vs スコットランド代表 対戦成績>

1976925●9-34 スコットランド・Murrayfield(エディンバラ)

1977918 ●9-74 日本・国立競技場(東京)

1986927 ●18-33 スコットランド・Murrayfield(エディンバラ)

1989528日 〇28-24 日本・秩父宮ラグビー場(東京)

1991105 ●9-47 スコットランド・Murrayfield(エディンバラ) (RWC1991

20031012 ●11-32 オーストラリア・Dairy Farmers Stadium(タウンズビル) (RWC2003)

20041113 ●8-100 スコットランド・McDiarmid Park(パース)

2013119 ●17-42 スコットランド・Murrayfield(エディンバラ)

2015923 ●10-45 イングランド・Kingsholm Stadium(グロスター) (RWC2015

2016618 ●13-26 日本・豊田スタジアム(愛知)

2016625 ●16-21 日本・味の素スタジアム(東京)

20191013日 〇28-21 日本・横浜国際総合競技場(神奈川) (RWC2019

  • Line