ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/04

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年04月18日

近鉄ライナーズ、プレーオフ2回戦へ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20210418.jpg

秩父宮ラグビー場で勝利をあげた近鉄ライナーズ ©JRFU

トップリーグ2021プレーオフトーナメント1回戦はトップチャレンジリーグ(TCL)の上位4チームがどんなチャレンジを見せるのか注目されたが、それぞれが予想以上の健闘。このあたりが、一発勝負のトーナメントの面白さだろう。

417日は、TCL1位の豊田自動織機シャトルズがNECグリーンロケッツを、コカ・コーラレッドスパークスが三菱重工相模原ダイナボアーズを苦しめたが、最後はトップリーグ勢が勝って2回戦に駒を進めた。18日は、日野レッドドルフィンズが清水建設ブルーシャークスを下してトップリーグの意地を見せたものの、宗像サニックスブルースはトップチャレンジ2位の近鉄ライナーズに敗れた。

昨年はTCLで全敗の清水建設ブルーシャークスは今季4位まで順位を上げ、プレーオフに進出。貴重な経験を積んだ。「トップチャレンジで4位に入る目標は達成しましたが、トップリーグからの勝利という最終目標は達成できませんでした。この経験を来季につなげたい」と大隈隆明監督は手ごたえをつかんだようだ。後半巻き返した日野は、FWでディフェンスを崩してからのワイド展開でトライを量産。WTB竹澤正祥が一人で4トライと気を吐いた。

TCL勢として唯一の勝利をあげた近鉄は、後半4分にNO8ロロ・ファカオシレアが相手の足を跳ね上げる反則でレッドカードを受け、残り時間を14人で戦った。しかし、LOマイケル・ストーバーグ、サナイラ・ワクァを軸にFWで前進し、SHウィル・ゲニア、SOクエイド・クーパーが判断の良いキック、パスで上手く試合を運んだ。「14人になった場合の準備もしていたからこそ、踏ん張れた。きょうは、オフ・ザ・ボールの動きが良かったと思う」とゲニアは語った。2回戦はホームの花園ラグビー場でパナソニックワイルドナイツに挑戦する。

敗れた宗像サニックスは、LOマーク・アボット、SO小野晃征、田代宙士、WTBレメキ ロマノ ラヴァら主力の多くが負傷で欠場し、万能BKのジェイソン・エメリーがSOで先発したが、そのエメリーも後半20分で負傷退場する苦しい戦いになった。また、チームの強化縮小の報道があって、精神的にも難しい一週間を過ごしたようだ。

途中出場のカーン・ヘスケスは、チームに加入して11年目。「サニックスでたくさんのことを学びました。サニックスは自分にとって人生のすべてだと思っているので、さびしい気持ちです」。共同キャプテンの福坪龍一郎は、「サニックスのラグビーチームは、ラグビー選手にとって夢のあるラグビーチームであり続けると思います」と語った。

◎プレーオフ一回戦 418()結果

▼たけびしスタジアム京都

清水建設ブルーシャークス 20-48 日野レッドドルフィンズ

▼秩父宮ラグビー場

宗像サニックスブルース 21-31 近鉄ライナーズ

  • Line