ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/05

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年05月09日

 今こそONETEAMオリジナル背景画像&オンラインでのお仕事

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

japanonline.jpg

緊急事態宣言が発出されてからは僕もほぼ自宅での仕事になっている。オンラインで取材、ミーティング、そしてトークライブも。先日(57日)には、大阪のラグビー普及促進居酒屋「ラグビー部マーラー」の第二弾のトークライブで、廣瀬俊朗さんをゲストにトーク。約90分、次期日本代表キャプテンは? など画面上でアンケートを取りながら楽しい時間を過ごした。もちろん、実際に会って話したほうが空気感は伝わるけれど、オンラインならではの楽しみもあることを実感している。

廣瀬さんは今、リーダー論について大学で学んでいるという。同時に発酵食品の普及活動をしたり、ラグビーワールドカップを盛り上げた国歌を歌うプロジェクト「スクラムユニゾン」はオリンピック・パラリンピックに向かっても活動している。最近は「みんなで歌おうビクトリーロード」も配信。出演された「ノーサイド・ゲーム」の特別編も放送されており、その活動はほんとうに幅広い。

その廣瀬さんが、オンラインでの仕事を円滑に進めるためには「オンラインでつながる以前に、人間関係をしっかり築いておくことが大切」と言っていたのは納得。日本代表の強化が止まっていることについて聞くと「それは世界中どこも同じですし、ワールドカップに向かってずっと忙しかったから、一休みできたのは良かったのでは」と前向きに語った。走り続けたスタッフや選手の肉体のことを考えれば、一度休むのは悪くないのかもしれない。それにしても、アスリートはポジティブだなぁ。

20200509.jpg

きょう(59日)の午後2時からは、伊藤剛臣さんとのインスタライブをする。カンタベリージャパン公式アカウント(canterbury_japan)から視聴できる。ゆるめのトークですが、お時間ある方、ぜひご覧ください。

canterbury05.jpg

冒頭の画像は、ラグビーワールドカップ2019日本代表選手の「今こそONETEAMオリジナル背景画像」。日本ラグビーフットボール協会の公式サイトにて、「ぜひ、オンラインミーティングなどでご活用ください!」と紹介されている。使用上の注意は以下の通り。

https://www.rugby-japan.jp/news/50471

【使用上のご注意】=個人が在宅勤務やテレワーク、遠隔授業などでWebTV会議アプリケーション等の背景として使用することを目的としています。商業目的での使用、企業・商品の宣伝等にはご使用できません。ご紹介いただく場合には、こちらのサイトの案内およびリンクをお願いします。ご自身による画像データの再配布はご遠慮下さい。WINDOWSは右クリックから「名前を付けて画像を保存」にてダウンロードが可能です。Macの場合はドラッグ&ドロップにて画像のダウンロードが可能です。

  • Line