ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/05

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年05月08日

2019年度ジャパンラグビーコーチングアワード 発表

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

日本ラグビーフットボール協会は、2019年度ジャパンラグビーコーチングアワードを決定し、57日、発表した。この表彰制度は2017年度に制定され、ラグビー指導者の資質向上の啓発と、学習意欲の高い指導者コミュニティ創出を目的としている。 2019年度は最優秀賞をはじめ14名の指導者を表彰する。特別大賞にジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ、最優秀賞には早稲田大学を大学日本一に導いた相良南海男監督が選出された。

2019年度ジャパンラグビーコーチングアワード 受賞者

【特別大賞】 The Coach of the Year, Especial Honours

ジェイミー・ジョセフ氏(男子15 人制日本代表)

理由:ラグビーワールドカップ2019において日本代表を史上初のベスト8へ導き日本中に感動を与えた。また、「ONE TEAM」のスローガンが流行語大賞を獲得するなど、社会的にも大きな影響を与えた。

受賞コメント:「このたびは、このような素晴らしい賞をいただき大変光栄に思います。この賞は私だけではなく、支えてくれたスタッフ、選手そして何より応援してくださった多くの皆様のおかげだと思います。 今はラグビー界・スポーツ界にとって大変苦しい状況ですが、みんなで乗り越え、またみなさんとともに戦える日が来ることを楽しみにしています」

【最優秀賞】 The Coach of the year

相良 南海夫氏(早稲田大学)

理由:選手一人一人の主体性を重視するだけでなく、各コーチへの役割分担も明確に行うコーチングで、関東大学 対抗戦での敗戦からチームを立て直し、11 年ぶりの大学選手権優勝へ導いた。

受賞コメント:「このたびは、日々現場で奮闘されている素晴らしいコーチが多数いらっしゃる中から、コーチングアワード最優秀賞という名誉ある賞を賜り、大変光栄に思います。11 年ぶりの大学選手権優勝が評価されての受賞かと思いますが、コーチ陣及びチームスタッフ、OB 会、大学関係者が、同じ目標に向かってベクトルを合わせ、それぞれの持ち場立場で力と知恵を出しあった結果だと思っております。そして何より、日々努力を重ね最後まで諦めずに戦い続けた学生たちには感謝しかありません。

現在、これまで経験したことのない新型コロナウイルス感染蔓延により、ラグビーのみならず様々な活動が制約されておりますが、まずは部員・スタッフの健康と安全を第一とし、このような状況の中で『今できること』、『今だからできること』を探求し、部員の心身の成長をサポートできるよう鋭意取り組んでいきたいと思います。今後ともご指導ご鞭撻のほど、引き続きよろしくお願い申し上げます」

【優秀賞】 The Outstanding Coaching of the Year

藤原 秀之氏(桐蔭学園高等学校)

理由:選手個々の判断力が際立つラグビーを披露し、第20 回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会・第6 回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会・第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会で優勝を飾った。

井上 愛美氏(流通経済大学女子ラグビー部)

理由:現役引退後からコーチに就任。コーチとして葛藤しながら自らの成長と向き合いチームを3年で第6回全国女子選手権の優勝に導いた。

【特別賞】 Special award

鈴木 貴士(ユニバーシアード男子7人制代表 HC

理由:ハードワークを重ね、チームをまとめ上げ、第30 回ユニバーシアード夏季競技大会 2019において金メダ ルを獲得した。

稲田 仁(ユニバーシアード女子7人制代表 HC

理由:「人とボールが動き続けるラグビー」を掲げ、第30回ユニバーシアード夏季競技大会 2019において金メダルを獲得した。

【コーチ賞】The Coaching Award of the year

3種類の賞を設置

<変革賞>The Change Coaching Award of the year:チームに変革を起こし、これまでのチーム力を明らかに飛躍させた指導者へ送られる賞。

牟田 至(関西学院大学前監督)

理由:学生主体の運営方針を尊重し、学生たちに寄り添いながらチーム作りを行い、低迷していたチームをムロオ 関西大学ラグビーA リーグ3 位、全国大学選手権準々決勝では関東大学対抗戦1位の明治大学に 14-22 と敗れたものの善戦し、ベスト8へ導いた。

<フロンティア賞>The Frontier Coaching Award of the year:ラグビーの中央勢(関東、関西の優勢)に対して、地方からの果敢なチャレンジと開拓の精神で、新しいラグビー 文化を全国にアピールした指導者へ送られる賞。

伊達 圭太(徳島城東高等学校監督)

理由:徳島県内屈指の進学校であり、限られた戦力のなかで自チームの力を最大限発揮させるコーチングを行い、全国選抜ラグビーフットボール大会においては予選リーグで強豪校を破り2勝、第99回全国高等学校 ラグビーフットボール大会においても2回戦進出を果たした。

三宅 邦隆(浦和高等学校監督)

理由:選手に自主性を持たせるコーチングを行い、全国屈指の進学校でありながら、第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会においてベスト16に進出。「文武両道」を体現するチームを作り上げた。

桑原 立(U17 東海ブロック代表監督)

理由:KOBELCO CUP 201915回全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会において、U17 東海ブロック代表を史上初めてカップトーナメント進出へと導いた。

<スキルコーチング賞>The Skill Coaching Award of the year:チーム全員のスキルレベルを著しく伸ばし、選手個々の強みを十分に引き出した指導者に送られる賞

佐藤 善信(全国ジュニア群馬県スクール代表監督)

理由:選手全員が高いスキルを披露。特にハンドリングとキッキングのスキルは目を見張るものがあった。

衛藤 伸仁(全国ジュニア大分県代表監督)

理由:ラックを極力作らず、ボールを積極的に動かすラグビーを展開。特にオフロードパスのスキルが高く、見る者を魅了した。

【日本代表カテゴリーコーチ賞】The Sakura Coaching Award of the year

水間 良武(U20 日本代表ヘッドコーチ)

理由:選手と密にコミュニケーションを図り、チームミーティングで選手にプレゼンテーションさせるなど、主体性を育むチーム作りを行い、ワールドラグビーU20トロフィー2019 で見事優勝。ワールドラグビーU20 チャンピオンシップへ昇格を果たした。

レスリー・マッケンジー(女子15人制日本代表ヘッドコーチ)

理由:敵地・スコットランドで史上初めて女子スコットランド代表と対戦。スピードと素早いパスワークを軸に戦い、24-20で初勝利をあげた。

■2019年度ジャパンラグビーコーチングアワード 概要

選考プロセス 技術委員会の中に「コーチングアワード選考委員会」を設置し、選考基準をもとに候補者の選出を行います。

■選考基準

1=選手個々の資質を開花させ、最大限のパフォーマンを発揮することで、チームの勝利に貢献した指導者

2=独自のコーチング哲学を掲げ、体現し、結果と共に他の指導者への影響度が高い指導者「指導者」とは、ラグビーコーチのみならずストレングス&コンディショニングコーチやアナリスト等の指導に関 連するスタッフを含みます。

■選考委員会委員

中山光行 技術委員会委員長

中竹竜二 日本ラグビーフットボール協会理事

今田圭太 技術委員会委員 ハイパフォーマンスコーチング部門長

野澤武史 技術委員会委員 ユース戦略部門 TID担当

  • Line