ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/04

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年04月07日

日本代表の歴史的勝利を振り返る番組放送

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

47日、関西ラグビー協会から大会、試合中止の発表があった。関西大学リーグ春季トーナメント 2020ほか、関西セブンズフェスティバル、 関西学生代表対ニュージーランド学生代表など5月の予定もすべて中止となっている。新型コロナウイルス感染症が拡大する中では、夏までの試合の開催は難しいし、いまは感染症拡大を食い止めるのが何より先決。日本のラグビー選手たちもSNSなどで、子供たちやファンを元気づけるさまざまな発信をしている。

世界では、昨年のラグビーワールドカップに出場したイタリア代表のFW第三列マキシム・ムバンダが、新型コロナ患者を病院に搬送するボランティア活動を行っているニュースがあった。女子アイルランド代表のクレア・マクラフリンは医師として、リンダ・ジョンガングは看護師として、女子フランス代表のガルエ・エルメ主将も看護師として他、世界のラグビー選手、元選手の医療従事者も最前線で戦っている。敬意を表したいし、改めて全世界の医療従事者の皆さんに感謝したい。

20200407.jpg

先日、JSPORTS410日の午後11時から初回放送がある【田中史朗・松田力也が運命の大一番を振り返る! ラグビーワールドカップ2019 日本大会 日本 vs. スコットランド】の収録があった。写真はスタジオの様子。みんなで並んでいるところは撮り忘れ。控室は一人一人別々。スタジオもこんな感じでそれぞれの席を離して行った。

日本代表が初の決勝トーナメントを決めた一試合を田中選手と松田選手とまるまる一緒に見るというぜいたくな時間。選手たちの気持ちや、それぞれの戦法の狙いなど聞きながら、日本代表のパフォーマンスを見ていく。本当に見事で、何度見返しても飽きない試合だ。そして、観客席の歓喜の表情を見ていると、なんて幸せな時間だったのだろうと、しみじみ実感する。

■日本代表メンバー(対スコットランド戦)

[スターティングメンバー]

1.稲垣 啓太(パナソニック)

2.堀江 翔太(パナソニック)

3.具 智元(Honda)

4.トンプソン ルーク(近鉄)

5.ジェームス・ムーア(宗像サニックス)

6.リーチ マイケル(東芝)

7.ピーター・ラブスカフニ(クボタ)

8.姫野 和樹(トヨタ自動車)

9.流 大(サントリー)

10.田村 優(キヤノン)

11.福岡 堅樹(パナソニック)

12.中村 亮土(サントリー)

13.ラファエレ ティモシー(神戸製鋼)

14.松島 幸太朗(サントリー)

15.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)

[リザーブ]

16.坂手 淳史(パナソニック)

17.中島 イシレリ(神戸製鋼)

18.ヴァル アサエリ愛(パナソニック)

19.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機)

20.ツイ ヘンドリック(サントリー)

21.田中 史朗(キヤノン)

22.松田 力也(パナソニック)

23.山中 亮平(神戸製鋼)

放送日:2020410日(金)

放送時間:午後 11 00分~深夜 1 00

  • Line