ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/04

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年04月02日

ラグビー日本選手権中止の発表

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20200402-1.jpg

42日、きょうラグビー大会中止の発表があった。2020523日と530日に開催を予定していた「第57回日本ラグビーフットボール選手権大会」の中止が決定された。これでトップリーグのチームの戦いは、今季は見られないことになった。残念だが、現状では当然の判断だろう。また、「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2020」の第1戦東京大会(52日、3日開催予定)および第2戦静岡大会(516日、17日開催予定)の中止も発表になった。代替大会の開催は未定。

高校ラグビーのニュースでは全国選抜大会の中止を受けて、年末年始に予定されている第100回全国高校ラグビー大会の出場校が64校から63校になるという発表があった。例年の全国高校大会は51校で開催されるが、記念となる100回大会は13校を加えて64校になる予定だった。13校の内訳は、全国 9 ブロック(北海道、東北、関東、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州)に 1 チームずつ増枠。第91回から第99回までの各都道府県予選を集計し参加チーム数の累計が多かった愛知、埼玉、福岡の三県は出場枠1増。そして、春の選抜大会の優勝チームの県に1枠与えることになっていた。選抜大会を盛り上げるアイディアだったのだが、中止によってその枠は使われないことになった。

ただし、これは年末年始の高校大会が開催された場合の話だ。例年、10月には花園切符を獲得する地区がある。地区予選ができるのかどうか。新型コロナウイルスとの戦いは、それくらい長くなると覚悟しなくてはいけない気がする。状況はもっと悪化するかもしれない。いつか必ずラグビーは復活する。その時期を少しでも早くするために一人一人の自覚ある行動が不可欠だということだろう。

個人的なことだが僕は会社を辞めて22年になる。一人で活動してきて、翌々月の仕事のスケジュールが埋まっていないことには慣れっこだが、翌月のスケジュールも真っ白、その先も増える見込みがないとなると不安になる。ラグビーを伝えることに限定して仕事をしてきたのに、ラグビーが行われない。いまは努めて冷静に何をすべきか考えている。最前線でウイルスと戦う医療関係者に感謝し、感染拡大防止のため自分にできることを地道にしていきたい。桜は綺麗に咲いている。

20200402-2.jpg

  • Line