ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/03

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年03月14日

スーパーラグビー、一時中断を決定

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

サンウルブズ対クルセイダーズの試合のレポートを書いた直後、一般社団法人ジャパンエスアールからプレスリリースが流れた。スーパーラグビーを運営するSANZAARから、日本時間20:45に以下のような声明が発表されたという。ついに、この日が来たかという思いだ。トップリーグに続いて、スーパーラグビーもしばらくは見られなくなる。

【ニュージーランド政府の 14 日間の入国の際の隔離政策に伴い、今夜 SANZAAR Executive Committee (EXCO) 会議が開催されました。そこで、今週末の試合をもって 2020 年のスーパーラグビーを一旦中断す ることが決まりました。
 SANZAR CEO Andy Marinos は、"世間の安全と健康が第一であり、また我々の選手や関係者の安全 が最優先である。我々は常に各国政府や保健機関のCOVID-19 に対しての指示を待っている状態である"とコメントしています。選手やファン、報道陣の皆様にとって非常に残念な結果になってしまい申し訳なく思っています。しかしながら、複雑な試合のスケジュール、様々な国の場所で行っている試合をカバーすることを勘案すると、今回の結果にならざるを得ないと考えています。
 私たちにとっての優先課題は、全ての選手が今週末までに家に帰り、家族と時間を過ごすことだと思っています。SANZAARはこの先も関係者とともに、ラグビーの試合をこの先の数週間も存続できるように努力していきます(我々は 18 週間のゲームのうち7週間を終えています)。
 SANZAARはこの先の情報も変わり次第発表していく予定です】

上記のSANZAARからの声明を受けて、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズとしてはそれに従って準備するのみだと考えています。今後のスケジュールに関しましては、選手ならびにスタッフの健康と安全を第一に考えて検討する予定です。

 ニュージーランド政府の14日間の隔離政策とは、新型コロナウイルス感染防止のため、自国民も含めたすべての入国者に対して、14日間の自主隔離を求めると発表したもの。

  • Line