ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/03

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年03月14日

サンウルブズ、前半健闘も王者クルセイダーズに敗れる。

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

スーパーラグビー2020に参戦中のヒト・コミュニケーションズ サンウルブズは、314日(金)、オーストラリアのブリスベンでニュージーランド(NZ)のクルセイダーズと対戦し、1449で敗れた。

三連覇中の王者クルセイダーズは、LOスコット・バレット、SOリッチー・モウンガ、CTBジャック・グッドヒューらオールブラックスのメンバーを休ませ、若手主体でこの試合に臨んだ。対するサンウルブズは、前節から先発で5名のメンバー変更。本来であれば、この試合は東京の秩父宮ラグビー場で開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響でオーストラリア・ブリスベンでの開催となった。

4節のレッズ戦から日本に帰っていないサンウルブズの選手には大きな負担がかかっているが、弱音を吐かずに戦い続けている。クルセイダーズに対しても闘志むき出しのタックルで何度もピンチを切り抜けた。しかし18分、相手陣に蹴り込んだキックをカウンターアタックされ、最後は、FLトム・クリスティーにトライを奪われる。サンウルブズも、31分、LOベン・ハインのトライと、SOガース・エイプリルのゴールで7-7の同点に追いついたが、35分にFWの波状攻撃を受け、ディフェンスが真ん中に集まったところでタッチライン際にボールを運ばれ、WTBセヴ・リースに右コーナーへ走り込まれた。

前半の最後、ゴール前のラインアウトからのモールでトライチャンスがあったが、ここは押しきれず。後半開始早々にまたしてもキックカウンターからつながれ、LOルーク・ロマノにトライを許す。サンウルブズは相手陣に蹴り込んだボールをことごとくトライに結びつけられており、キックの使い方、キック時のディフェンスには課題があった。

それでも、後半14分にはSOエイプリルのトライで2114に迫ったが、疲れもあって次第にディフェンスが甘くなった。26分、クルセイダーズの交代出場のHOヒュー・ローチがサンウルブズのPRヘンカス・ファン・ヴィックの頭部に肘打ちをしたといてレッドカードを受け退場。その直後、今度はサンウルブズのパスを故意のノックオンで叩き落としたとして、WTBセヴ・リースがシンビン(10分間の一時退場)。クルセイダーズは13人となる。スコアは、35142人の優位性を生かせば勝利の可能性もあるかに見えたが、サンウルブズの選手も疲れていた。最終的には、数的不利を、ボールキープでしのいだクルセイダーズがさらに加点して勝利した。

この結果、サンウルブズは15敗となり、次節は、メルボルンでレベルズと対戦の予定。しかし、新型コロナウイルスの影響で先行きは不透明だ。

▼大久保 直弥ヘッドコーチからのコメント

「クルセイダーズがなぜスーパーラグビーのチャンピオンなのかという理由が、今日の試合で分かったと思います。彼らは後半 13対15になった時でも、自分たちがどうディフェンスするべきかしっかり理解していました。逆に我々は、そういった場面で曖昧な部分がゲームにそのまま出てしまったと思います。クルセイダーズは何をここでやらなければいけないかが明確でした。学ばなければいけません。前半のようにハイテンポのアタックを少なくとも 50~60 分継続しなければ勝負できません。スクラムに してもラインアウトにしてもバックスのコンビネーションにしても、小さな違いが結果を大きく変えてしまうことに繋がることを、ここまでの試合で何度も見てきました。精度を上げることはまだまだ改善できると思います」

■試合結果

◇ブリスベン・サンコープスタジアム

現地時間15:35キックオフ

ヒト・コミュニケーションブ サンウルブズ●1449○クルセイダーズ(前半7-14

  • Line