ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/03

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年03月12日

サンウルウズ、クルセイダーズ戦のメンバー発表

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

フィジーで開催中のパシフィック・チャレンジに参戦しているジュニア・ジャパンは、36日、トンガA4610で勝利したのに続いて、310日にサモアAから12トライを奪って圧勝。おもに大学生で固めたメンバーが大活躍している。最近の日本ラグビーの中で数少ない明るいニュースだ。この大会での初優勝を目指すジュニア・ジャパンは、314日、5連覇を狙うフィジー・ウォリアーズと対戦する。

312日、サンウルブズのクルセイダーズ戦のメンバーが発表された。試合は、314日、日本時間1435よりオーストラリア・ブリスベンにて行われる。本来なら秩父宮ラグビー場で行われるはずだった試合だ。メンバーは以下の通り。怪我などもあるが、毎試合、試行錯誤が続くメンバー編成だという気がする。相手は3連覇中の王者クルセイダーズ。日本に帰ることができず、厳しい状況だが戦い続けるサンウルブズを応援したい。

「(ホームゲームの会場変更を受けて)厳しい状況だということは選手もスタッフも全員理解しています。スーパーラグビーというこのタフな戦いの中で、毎週ハイパフォーマンスを発揮することはもちろんですが、我々はプロのチームとして、日本の今の状況に対してもエネルギーのある試合を見せたいと思っています。ラグビーの要素として、困難な状況を乗り越えるためのタフな選択を常に選手には求めたいです」(大久保直弥ヘッドコーチ)

■試合登録メンバー

1ニック・メイヒュー、2エフィトゥシ・マアフ、3コンラード・ファンフィーレン、4ベン・ハイン、5マイケル・ストーバーク、6ジャスティン・ダウニー、7ミッチ・ジェイコブソン、ジェイク・シャッツ、9ルディー・ペイジ、10ガース・エイプリル、11タウタラタシ・タシ、12ベン・テオ、13©森谷圭介、14シオサイア・フィフィタ、15ジェームス・ダーガヴィル/16ジャバ・ブレグバゼ、17ジャレッド・アダムス、18ヘンカス・ファンヴィック、19谷田部洸太郎、20ブレンドン・オコナー、21齋藤直人、22中野将伍、23竹田 宜純

  • Line