ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/03

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年03月06日

サンウルブズ、オーストラリア1位のブランビーズに敗れて4敗目。

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

スーパーラグビー20206節、サンウルブズ対ブランビーズの一戦が、36日(土)、オーストラリアNSW州のウーロンゴンで行われた。本来は東大阪市花園ラグビー場で行われるはずだった試合だ。新型コロナウイルスの影響で、314日(土)、東京の秩父宮ラグビー場で予定されていたクルセイダーズ戦との2試合がオーストラリアに場所を移して行われることになっている。

ウーロンゴンのWINスタジアムはバックスタンドの大半が芝生席。後方に海が広がっていた。現地時間1445(日本時間1245)より試合は始まった。オーストラリア(AUS)カンファレンス1位のブランビーズは、立ち上がりからFWの縦突進を軸にサンウルブズの防御を崩しにかかった。しかし、前節の課題を修正し、組織ディフェンスを向上させたサンウルブズはこれを止め続け、最後はFL布巻峻介がジャッカルで相手の反則を誘い、ピンチを脱する。

前半10分、サンウルブズのディフェンスが乱れる。自陣インゴールからのSOガース・エイプリルのキックをキャッチしたブランビーズにカウンターアタックを許し、SHライアン・ロナーガンにインゴールに飛び込まれてしまう。防戦一方になったサンウルブズは、19分、ブランビーズFLウィル・ミラーにトライされ、140とされる。36分、ラインアウトからモールを押し込み、HOエフィトゥシ・マアフがトライを返し、147としたが、前半終了間際に自陣から攻めたところでミスが起き、追加のトライを許した。痛恨の失点だった。

後半の立ち上がりもWTBに入ったJJ・エンゲルブレヒトの好タックルなどで粘ったサンウルブズだが、6分、ブランビーズWTBトニ・プルに左コーナーに飛び込まれ、引き離された。それでもサンウルブズは気持ちを切らすことなく守り、後半30分過ぎには、自陣22mライン内から攻め、交代出場のPRヘンカス・ファン・ヴィックが抜け出し、最後はLOマイケル・ストーバーグがラックサイドをついてトライ。4014として意地を見せたが、最後はもう1トライを追加されて敗れた。

スクラム、ラインアウト、ディフェンス面など前節からさまざまな点で改善されてはいたが、アタックでミスが出てボールを失うところは改善されなかった。毎試合、30点を獲るという当初の目標を実現するには、攻撃の精度アップが欠かせない。日本国内ではトップリーグが延期になり、高校選抜大会が中止、425日、26日に味の素スタジアムで開催予定だったアジアインビテーショナル2020セブンズも中止になるなど、多くのファンが楽しみにしていた試合が見られなくなっている。スーパーラグビーで戦い続けるサンウルブズは希望の光だ。次節は王者クルセイダーズへの挑戦。日本に帰れず疲れもたまっているはずだが、アグレッシブに攻めてファンを喜ばせてもらいたい。

■試合結果

WINスタジアム 現地時間14:45キックオフ

ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ●1447○ブランビーズ(前半7-21

  • Line