ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/02

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年02月29日

サンウルブズ、ハリケーンズに敗れる(小倉順平コメント)

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

229日、ヒト・コミュニケーションズサンウルブズは、現地時間1645(日本時間1245)より、ニュージーランドのハリケーンズと対戦。LOマイケル・ストーバーグが先制トライをあげたものの、1562で敗れた。

サンウルブズは、前半3分、相手のタッチキックをクイックスローイングで攻め、最後は、ストーバーグがトライ。SO小倉順平のゴールも決まって好スタートを切った。しかし、12分、シャークスから移籍のWTBコーバス・ファンヴァイクにトライを奪われると、FBチェイス・ティアティア、WTBベン・ラムらに次々にトライを奪われた。

組織ディフェンスに課題があり、個々のタックルミスも多かった。スーパーラグビーの公式サイトによれば、ミスタックルは「35」。これだけタックルが決まらなければ勝てない。JSPORTSで解説していた菊谷崇さんが話していたように、一対一でのタックルで弾かれるシーンが多く、ダブルタックルができていない。WTBのフィフィタが外側で飛び出してタッチライン際を大きくゲインされることも多かった。このあたり早急に修正が必要だろう。

NTTコミュニケーションズを退社して「覚悟」の加入で先発した小倉順平は、試合後、次のようにコメントしている。「課題の残る試合でしたが、準備したものが出せているときはいい形でプレーできていたので、マイボールでアタックする時間を増やせるように修正し続けて頑張ります。(久しぶりのサンウルブズでのプレーについて)もちろん(気持ちは)ハングリーだし、常に自分もチームも成長できるように考えながらやり続けています」

38日、14日の日本開催予定だった試合が海外での実施となり、日本に帰らずにトレーニング、試合を続けなければいけないサンウルブズの選手、スタッフには大きな負担がかかっている。次節は、オーストラリアのウーロンゴンでオーストラリアカンファレンス首位のブランビーズとの対戦だ(36日、12:45キックオフ)。苦境の中でチームが結束し、組織力を上げてくれることを願っている。

■試合結果

2020229日 NZネイピア・マクリーンパーク

現地地時間16:45キックオフ

ハリケーンズ○6215●ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ

(前半28-10

  • Line