ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/02

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年02月14日

サンウルブズ、チーフス戦メンバー&小倉順平加入

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

明日(215日)、午後12:45より、秩父宮ラグビー場でスーパーラグビー20203節、サンウルブズ対チーフスが行われる。サンウルブズは連勝できるのか。強豪チーフスは人気者のダミアン・マッケンジーも先発する。チケットの売れ行きも良く、大勢の観客が席を埋めそうだ。

20200214-1.jpg

214日の午前中は秩父宮ラグビー場で行われたサンウルブズのキャプテンズラン(試合前練習)を取材した。写真は沢木敬介コーチングコーディネーター、PRジャレッド・アダムス、SH齋藤直人。沢木コーチングコーディネーターは「仕上がりは悪くないです。前の試合の勝利の価値を高めるためにも勝ちたい。ターゲットは30点。それだけ得点するラグビーをすれば、持ち味が出るし、お客さんを喜ばせることもできるでしょう」とコメント。アダムスはチームが集合してすぐに結束したことについて問われ「このチームはオープンマインドの選手が多いから、早くひとつになれたのでしょう」と話した。

初先発となる齋藤は、「チーフスの選手は、テレビで見ていた選手ばかり。しかし、ファンメ戦ではなく、スーパーラグビーの一選手として向き合いたいです」ときっぱり言った。対面のSHはオールブラックスのブラッド・ウェバーだが、持ち前の素早いパスワークで対抗したい。

同日午後、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスから退団選手の発表があった。SO小倉順平だ。実はこの日のサンウルブズのキャプテンズランに小倉の姿があった。覚悟を決めての挑戦である。

【チームコメント】

「シーズン途中ではありますが、この度シャイニングアークスの小倉選手がスーパーラグビー チームサンウルブズに移籍となりました。本人とチーム間とで十分な話し合いを設けた結果、トップアスリートとしての本人の夢とこれからのチャレンジを応援する形となります。今後とも小倉選手のご活躍とシャイニングアークスのご支援を何卒よろしくお願いいたします」

▼サンウルブズ(チーフス戦メンバー)

1.ジャレッド・アダムス、2.ジャバ・ブレグバゼ、3.コンラード・ファンフィーレン、4.谷田部洸太郎、5.マイケル・ストーバーク、6.ミッチ・ジェイコブソン、7.布巻峻介、8.ジェイク・シャッツ、9.齋藤直人、10.ガース・エイプリル、11.タウタラタシ・タシ、12.ベン・テオ、13.森谷圭介、14.シオサイア・フィフィタ、15.ジェームス・ダーガヴィル/16.エフィ・マアフ、17.クリス・イーヴズ、18.ヘンカス・ファン・ヴィック、19.ジャスティン・ダウニー、20.テビタ・ツポウ、21.木村貴大、22.中野将伍、23.JJ・エンゲルブレヒト

  • Line