ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/02

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年02月05日

トモさん&サンウルブズ新スコッド

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

きょうは一日人間ドック。いつもはラグビーシーズンがオフの時期にやっていたけれど、いまはオフがない。ラグビーワールドカップでかつてない忙しさだったので、ちょっと心配だったけれど大きな問題はなし。まだまだ頑張れそう。トップリーグ、スーパーラグビーが並行して開催されていると、当分は休めない。

20200205.jpg

近鉄ライナーズのアドバイザー就任が発表されたばかりのトンプソンルークさん。「これからも近鉄ライナーズと近鉄グループのために協力することができてうれしいし、誇りに思います」。写真は、先日、インタビューしたときのもの。次号のラグビーマガジンにも記事を書かせてもらうのだが、手に持っている本もベースボール・マガジン社から絶賛発売中。トモさんの写真満載。大野均、廣瀬俊朗、リーチ マイケルの三氏からのメッセージもあり。ぜひ、ご一読を。

サンウルブズの2020シーズンスコッドに新たに2名、練習生2名が追加された。シーズンズスコッドは、トヨタ自動車ヴェルブリッツからFW第三列の吉田杏(188cm106kg24歳)、万能BKのベン・ルーカス(コカ・コーラレッドスパークス、178cm85kg32歳)。練習生は、PR谷口祐一郎、FW第三列のアシペリ・モアラ(ともに天理大学)だ。26日からチームに合流する。

サンウルブズを運営するジャパンエスアールは、チーム強化および、サンウルブズ精神を次世代へ繋げていくことを目的に、#まだやるべきことがある「Next Generation Wolves」プロジェクトを開始することを発表した。スーパーラグビー参戦ラストシーズンを迎える今季、サンウルブズ史上最高成績を残すためのトレーニング環境の整備や、これまでサンウルブズが積み上げてきたチャレンジ精神、そして、2020シーズンスローガンとして掲げた「KEEP HUNTING」の精神を次世代に繋げるべく、以下の3つの取り組みを推進するという。

①若手選手の「スーパーラグビー」挑戦機会の提供や育成

②サンウルブズがこれまで培ってきたチャレンジ精神や2020シーズンスローガンである「KEEP HUNTING」の精神を伝える活動(サンウルブズコーチやスタッフによる講演会やラグビークリニック等)

③育成年代(小中高生)に対する、サンウルブズ試合観戦機会の提供

スーパーラグビーからの離脱が決まっているサンウルブズだが、以降の活動は未知数なところが多い。しかし、今季は少なくとも5月まで活動がある。その中で何ができるかの模索が続く。

お知らせ◎ラグビーの知識をさらに得たい人、ラグビー仲間と知り合いたい人は、いろんなラグビーイベントがあるので参加してみてはどうでしょう。僕が関わるものでは、ラグビーダイナーの高田馬場ノーサイドクラブ、横浜セブンオウズはほぼ月イチ、早稲田大学エクステンションセンターでのラグビー基礎知識は季節ごと、大阪・本町、東京・蔵前のニュージーランドレストラン「MANUKA」、東京・九段下の九段ハウスでも不定期ですが、イベント開催中です。それぞれの公式サイトにイベント情報が出ますし、本ブログでもときどき「まとめ」をアップしますので、ぜひ。

開幕したばかりのスーパーラグビー、シックスネーションズなど世界のラグビーについて知識を得たい方は、以下のトークライブがおすすめです。

【MANUKA蔵前 ラグビーナイト第二弾!】

『ラグビー博士が世界と日本の現在を語ります』

東京・蔵前に昨年オープンしたニュージーランドレストラン「CaféBar Grill MANUKA」。昨年12月に第一弾のトークライブをお届けして大好評。新年一番目のトークイベントは、Jsportsの解説や、ラグビーマガジンで奥深い知識を披露しているラグビー博士の小林深緑郎さんです。長年の名コンビ、村上晃一さんとの独特の間合いのトークは毎度クスクス笑いの連続。世界のラグビーシーンからスーパーラグビー、トップリーグまで。博士の独特の視点での解説をお聞き逃しなく。後半はグラス フェッドビーフ等、ニュージーランドの⾷材を使ったお料理とワインをビュッフェ形式でお楽しみください。

日時:227日(木曜)、19:30開演(19:00受付開始)

トークライブ=19:3020:30、食事&懇親会=20:3021:30

司会:村上晃一(ラグビージャーナリスト)

ゲスト:小林深緑郎(ラグビージャーナリスト)

参加費:5,000円(お食事&ワンドリンクつき)

◎お申込み方法(メールにて)

manuka@hostel-inn.co.jp

名前(ふりがな)・ご連絡先・人数・同行者様お名前上記までメールにてお知らせ下さい。 予約確定のメールを追って返信させていただきます。

Cafe&Bar Grill MANUKA

東京都台東区蔵前3丁目19-10 1F

TEL070-2294-9642 ※都営⼤江⼾線[蔵前駅]より徒歩1分、都営浅草線[蔵前駅]より徒歩3

  • Line