ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/11

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年11月11日

山中亮平選手、4年後のラグビーワールドカップにも意欲!

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20191111-2.jpg

1111日の夜は、大阪・北浜のラグビー普及促進居酒屋「ラグビー部マーラー」にて、山中亮平選手(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)のトークライブの司会をしました。告知してすぐに満席になりましたが、キャンセル待ちでラッキーにも参加できた方も。静岡から遠路やってきたファンの方もいて、読売テレビの取材も入り、熱気にあふれるトークライブでした。

まずはラグビーワールドカップ(RWC)の振り返り。ロシア戦のメンバー発表について聞くと、「リザーブだったんですけど、あれが一番うれしかったです。RWC出られるって思いましたから」という。前年秋に追加招集されるまではRWCのメンバーに残ることすら考えられなかったのだから感慨深かったようだ。後半30分からの出場でプレー時間は短かったが、思い切ってプレーし、ジェイミー・ジョセフHCに褒められた。それがアイルランド戦の先発入りにつながった。

決勝トライは、山中選手と交代した福岡選手でしたね? 「僕のおかげで勝てたようなものでしょう?(笑)。あの試合は、最初から思い切ってプレーして、よくボールを動かしていたので、足が攣ってしまったんです」。先発メンバーが献身的に動いてアイルランドのスタミナを奪ったからこその勝利だった。「サモアは一番当たりが強かったです」。そして、決勝トーナメント進出をかけたスコットランド戦は後半出場し全力でプレーした。

最後にタッチキックを出したところが、地上波テレビの瞬間最高視聴率になったことで、「最高視聴率男」と呼ばれことなったが、そのコメントを期待されることについては、やや恥ずかしくなってきたそうだ。「聞いている人は初めてかもしれないけど、僕は十回以上言ってますから(笑)」。最後に思い切り観客席に蹴り込んだことについて問うと「ちょろっと出しても良かったですけど、それじゃあ盛り上がらないじゃないですか。だから思い切り蹴りました」と答えた。

初の決勝トーナメント進出。国歌斉唱は感動的だった。「僕は国歌斉唱のときは、いつも目を閉じて歌うのですが、今回はこの景色を目に焼き付けようと思って目を開けて観客席を見たんです。あっ、泣いてしまう、と思ってすぐ閉じました」。

RWC後、なにか得したことありましたか?と問いかけると、有名ブランドのショップに家族で買い物に行ったエピソードを披露。「何も言っていないのに帰りにシャンパンをいただきました」。「別の店では、子供にジュースくれて、遊んでくれたり」と、周囲の反応がまるで変わったのを実感したそうだ。「感動をありがとう、と言われることが多く、それは本当に嬉しいです」

最後に神戸製鋼コベルコスティーラーズのことを聞いた。「今年も強いです。連覇、行けます」と力強く宣言。どれくらい現役を続けたいですか?「できるだけ続けたいです。4年後のフランス大会は35歳。出たいです。僕の目標はオールブラックスのベン・スミスみたいなフルバックなのですが、ベン・スミスは今回33歳でしたよね。彼のように、この選手に任せておけば安心だと思われる選手になりたいです」。

寸暇の縫ってのトークラブ出演。山中選手、本当にありがとうございました!

20191111-1.jpg

  • Line