ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/11

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年11月01日

12月5日、中村亮土トークライブ(満席)&12月7日、ラグビー博士が横浜で語る

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

トークイベント告知が2本あります。フィールドでの激しい攻防を堪能したあとは、ラグビートークを楽しんでくださいね。

まずは、127日(土)に開催される朝日カルチャーセンター横浜教室でのラグビー講座です。僕は進行役を務め、ラグビー博士の小林深緑郎さんがワールドカップを振り返ります。深緑郎さんの深い知識をお楽しみください。申し込みの詳細は、朝日カルチャーセンターのサイトをご確認ください。

https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/ddf50744-6c00-e5c0-f0ca-5d3027443d5b

20191101.jpg

続いて、高田馬場ノーサイドクラブでは、日本代表の中村亮土選手のトークライブが実現します。開催日は125日(木)の夜。受付は114日の正午スタートです。申し込み多数の場合は抽選になります。以下はお店からの告知文です。

12/5() ノーサイドライブvol.70開催決定!】

ラグビーワールドカップの日本代表の快進撃は日本のみならず、世界の人々に感動の輪を広げました。アイルランド、スコットランドを破った試合での福岡堅樹選手、松島幸太朗選手のトライは見事でしたね。しかし、彼らトライゲッターまでパスをつないだ選手のことも忘れてはいけません。CTB中村亮土選手は5試合すべてに先発し、的確な判断と正確なスキルでパスをつなぎ、献身的なタックルで快進撃を支えました。今回は中村亮土選手の視点で、日本代表の戦いぶり、チーム作りを語ってもらいましょう。フィールドの中にいた人にしか分からない話です。125日が待ち遠しいですね。

日時:2019125() 19002100 (1830開場)

場所:ノーサイドクラブ(東京都豊島区高田3-10-22 キャッスル安斎ビル2F)

MC:村上晃一(ラグビージャーナリスト)

ゲスト:中村亮土(ラグビーワールドカップ2019日本代表/サントリーサンゴリアス)

会費:¥5,000- (1Drink)

定員:50

申し込み方法:

お申込み受付は2019114()の正午12時よりスタートです。

お名前と人数を明記の上、お店のメールアドレス「nosideclub@gmail.com」までご連絡下さい。

お申込はお一人さま3名様までのお申込とさせて頂きます。複数名さまでのお申し込みの際は全ての方のお名前をお知らせ下さい。

1111()の正午12時までをお申込の一次締め切りとさせて頂き、お申込が定員に達しなかった場合は引き続き参加受付を続行、定員を超えた場合は、それまでにメールを頂いた方の中で厳選なる抽選という形で決めさせて頂きます。 ご理解ご了承の程何卒、よろしくお願い申し上げます。お申し込み受付完了後、その旨ご返信させて頂きます。

また、キャンセル待ちの方も多数いらっしゃることが予想されるため、キャンセルの際は事前に必ずご連絡頂けたらと思います。

誠に恐縮ですが、122()の正午12時以降のキャンセルは全額ご負担頂く形とさせて頂いております。予めご了承下さいませ。何卒、よろしくお願い申し上げます。

  • Line