ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/10

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年10月09日

雨の花園、サモア戦の歓喜などRWC満喫の備忘録&チェスターさん追悼ライブのお知らせ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20191005.jpg

サモア戦劇的勝利(105日)のことを書けないまま、きょうまで来てしまいました。前回の更新以降、濃い時間を過ごしていました。103日は、僕としてはラグビーワールドカップ(RWC)初体験をしました。一観客として観戦したのです。花園ラグビー場のバックスタンドで、カッパを着こんでフィジー対ジョージア戦を見ました。たくさんのファンの方々に声をかけていただき、楽しい時間でした。そして、神戸。アイルランド対ロシアの観戦。こちらは屋根付きで、ビール片手に楽しみました。トイレの列に並んだり、行きかえりの満員電車に揺られたり、貴重な経験でした。

そして、5日、JSPORTSのピッチレポーターとして豊田スタジアムのタッチラインのすぐそばで劇的勝利に立ち会うことができました。これほど期待以上のパフォーマンスを見せる日本代表は僕の32年におよぶ取材歴で初めてです。彼らの積み重ねてきた質の高いハードトレーニング、周到な準備に思いを馳せました。この強さは本物ですね。

観客の皆さんも日本代表のジャージーを着ながらもサモアのよいプレー、得点に拍手をしている人が多かった。それにも感動しました。終盤は日本代表のトライで喜びが爆発したのでしょう。田村優選手のプレースキック時もその興奮は静まりませんでした。自然な感情の発露なので致し方ないとは思ったのですが、ここは、できれば田村選手が蹴りやすいように、静かに見守ってほしかったところです。PLEASE RESPECT THE KICKER. プレースキッカーにリスペクトを。静寂からの興奮を味わいたいですね。

20191008-2.jpg

6日は有楽町のファンゾーンでのイベントに解説役として参加。ニュージーランド対ナミビア、フランス対トンガを皆さんと観戦。日本代表の試合ではないのに賑わっていて驚きました。8日は神戸のメリケンパークへ。J:COM関西圏のラグビー番組「熱血!トライあんぐる」のロケでした。いつも番組を一緒に進行している きのせひかるちゃんとファンゾーンを満喫。当日のパブリックビューイングで解説していた平尾剛さんにも登場してもらいました。

ここのファンゾーンは日本最大規模。南アフリカ対カナダの一試合しかない日でしたが、大勢のラグビーファンの皆さんが集い、交流していました。いまは亡き平尾誠二さんの展示も立派でした。毎日取り換えているというメッセージボードに僕も書き入れてきました。「平尾さん、ラグビーワールドカップ、盛り上がってますよ。うれしいですね」。

20191008.jpg

さあ、いよいよスコットランドとの決戦です。台風が心配ですが、初めての場所でのRWCではこれまでと違ったことが起こる。それも歴史の一部なのだと思いたいですね。アンストラクチャーに強い日本代表ですから、どんな状況も乗り越えてくれるでしょう。

以下は告知です。明日(1010日)は試合がありませんが、横浜のセブンオウスで、急逝された元南アフリカ代表のチェスター・ウィリアムズさんの追悼トークライブを行います。南アフリカのテレビ局も取材に来るそうです。

▼チェスター・ウィリアムズさん追悼トークライブ

元南アフリカ代表WTBで、1995年、南アフリカで開催された第3回ラグビーワールドカップ(RWC)の優勝に貢献したチェスター・ウィリアムズさんが急逝されました(享年49)。実は、チェスターさんは、RWC日本大会にも来日予定で、1010日、横浜のラグビーダイナー「セブンオウス」で、小林深緑郎さんと村上晃一さんとトークライブをする予定でした。突然のことに、セブンオウスも悲しみ戸惑いましたが、1010日は、チェスターさんの追悼トークライブを開催することにしました。

また、故人と20年以来の友人である、元ネルソンマンデラ大統領のお抱えシェフからもチェスター・ウィリアムズさんの遺志を伝えて頂きます。小林さんに彼の功績、南アフリカのラグビー事情など語ってもらいましょう。もちろん、開催中のRWC日本大会のことも語ります。ぜひ、ご参加ください。

日時:1010日(木)、19:30開演(19:00受付開始)

進行:村上晃一(ラグビージャーナリスト)

ゲスト:小林深緑郎(ラグビージャーナリスト)

ゲスト:ピート・ゴッケンズ(ASARAホテルオーナー)

費用:4,000円(お一人様・大人)、1,000円(お一人様・子供)

ワンドリンク・軽食ブュッフェ付

申し込み方法:電話・メールにてお願いします。

※電話でのお申込み、お問合せは1700以降でお願いします。

※先着40名様で締め切らせていただきます。

会場:ラグビーダイナーセブンオウス

横浜市中区弁天通2-29 森藤ビル3階

電話:045-319-4259

メール:info@7-oaths.com

▼ご来店は▼▼

JR 関内駅・横浜市営地下鉄 関内駅より徒歩10分

みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩5分

URLhttps://www.7-oaths.com/

  • Line