ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/10

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年10月01日

別府でのオールブラックス交流イベント

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20191001-1.jpg

101日は、大分県別府市の別府国際コンベンションセンターでのオールブラックス地域交流イベント「強くあれ オールブラックス」の司会をしてきました。隣で通訳としてイベントを盛り上げてくれたのは、ジョー・ラッシュさん。神戸製鋼コベルコスティーラーズの通訳も務めるラッシュさんです。

この日は、関係者の心配をよそに平日の朝にもかかわらず、約3,000人が客席を埋めました。整理券配布に朝4時半から並ぶ人もいたのだとか。オープニングライブは、カパ・ハカグループ「ラウクラ」のマオリソング、そして、ニュージーランドの人気バンド「SIX60(シックスシックスティ)」の心地よいサウンドで大いに盛り上がりました。

20191001-2.jpg

オールブラックスの選手たちへのエールを、ニュージーランド国歌で送るため、ラウクラの皆さんのリード、大分県立別府翔青高等学校吹奏楽部の演奏で歌唱練習。そして、長野恭紘・別府市長の挨拶ほかのオープニングセレモニーでは、福岡ソフトバンクホークスの内川聖一選手が登場してお客さんを驚かせました。内川選手はラグビーワールドカップ2019の大分の特別サポーターを務めており、ラグビーファンなのです。そして、オールブラックス14人の選手が入場。地元ラグビースクールの子供たちへのラグビークリニックでは、リーコ・イオアネ選手が軽く投げ上げるボールが、20m以上ある天井に届きそうな高さで大歓声があがるなど選手たちと子供たちが楽しく交流していました。

20191001-4.jpg

子供たちからの質問コーナーでは、ラグビーで大切にしていることについて問われたオールブラックスの選手から「友情」と答えが出るなど、子供たちに夢を持ってもらうような内容のコメントは、さすがでした。最後はニュージーランド国歌「God Defend New Zealand」の大合唱で締めくくり。大声で歌う子供たちにオールブラックスも笑顔で応えていました。

20191001-3.jpg

午後からのオールブラックスのキャプテンズラン(試合前日練習)ものぞいたのですが、相変わらずのフレンドリーなファンサービスに感心させられました。日本にも多くのファンがいるのは、こうした態度があってこそでしょう。

明日、オールブラックスは大分スポーツ公園総合競技場でカナダと対戦します。メンバーは、初戦の南アフリカ戦から大幅に変わりますが、キャプテンのNO8キアラン・リード、バレット3兄弟(FBボーデン、LOスコット、WTBジョーディー)も出場します。RWC3兄弟が揃うのは初めてです。CTBソニー=ビル・ウィリアムズ、WTBリーコ・イオアネとBKラインは豪華です。満員のスタジアムでオールブラックスがどんなプレーを見せるのか。カナダはどこまでオールブラックスを苦しめるのか。ぜひ、ご注目ください。

  • Line