ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年09月28日

日本代表、優勝候補のアイルランド代表破る!

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190928.jpg

優勝候補の一角を破る歴史的勝利でした。南アフリカに勝ったのは「ラグビーワールドカップ史上最大の番狂わせ」と言われました。今回はそうではない。その後、着実に力をつけてきたチームの勝利だったからです。それでも、11回目の対戦にして初勝利です。ラグビー史に残る快挙です。アイルランドは、ワールドラグビー(旧IRB)の創立ユニオンの一つなのです。

前大会で南アフリカを破ったときよりも少し気持ちが穏やかだったのは日本代表が本当の実力をつけたからでしょう。僕はJSPORTSのピッチレポーターとして、ノーサイドの瞬間をピッチサイドで迎えました。

キックオフ前に選手が入場するところから、47,813人の大観衆の熱い声援が頭からずっと降り注いでいました。その歓声がどんどん大きく、勝利を祈るようなものになって、福岡の逆転トライで最高潮に達しました。そのあと、なんだか安心して見ていられました。不思議な時間でした。

試合後何人かの選手にインタビューしました。みんな嬉しそうだけど、前回の南アフリカ勝利とは明らかに違いました。地に足がついているというか、浮かれてもいないというか。「勝ちたいというメンタリティーが一番大事でした。30分喜んで、次のサモア戦に向かいたい」(リーチ マイケル)」。

「めっちゃ嬉しいね。でも、まだ、大会は終わっていない。明日からサモア戦に集中」(トンプソン ルーク)。「僕はすべてここに賭けてきた。この試合に勝つと思い続けてきました。ベスト8の目標を達成するまで、気を抜かずにやっていきたいです」(堀江翔太)。「最後まで11秒も油断できない状況でした。ベスト8以上が目標です。サモア、スコットランドは強敵です。引き続き、応援よろしくお願いします」(姫野和樹)。

最後にアイルランドはタッチに蹴り出し、7点差以内の負けに与えられるボーナス点を死守しました。残るロシア、サモアに4トライ以上とって勝てば、勝ち点合計は16点になります。日本がサモアからボーナス点を獲得して勝った場合は14点。スコットランドに負けたら、アイルランドを上回れません。あと2つ、勝ちましょう! 1位通過しよう! 

20190928-1.jpg

最後の写真は、アイルランドのラグビーアンセム「アイルランズ・コール」のときのもの。今回のエスコートキッズは、みんな大きな声で歌っています。感動しました。もちろん、君が代も。みんな、かっこいい!

■試合結果

928日(土)16:15キックオフ

静岡・小笠山総合運動公園エコパスタジアム

日本代表 19-12 アイルランド代表(前半9-12)

  • Line