ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2019年09月19日

開幕を控えての思い&イベントお知らせ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

917日、2月から放送してきたJSPORTSの番組「スクラム組もうぜ!」が最終回を迎えました。2009年から活動してきたノーサイドプロジェクトも8月に最後のイベントを終え、ラグビーワールドカップ(RWC2019を盛り上げるために10年スパンでやってきたことが、次々に役割を終えています。達成感もあり、少し寂しくもあったのですが、昨日の「スクラム組もうぜ!」を終えたとき、急にいよいよという気持ちになってきました。

開幕は明日です。ついに始まりますね。すでに、RWCロスを心配する声もありますが、ラグビーは永遠に続きます。歴史の一つひとつを楽しみましょう。

日本代表に勝ってほしいです。でも、最後まで勝つのは1チームしかありません。19チームは敗者となります。勝敗だけを見ていたら、RWCを楽しむことはできないのです。ノーサイドの笛が鳴ったとき、心から両チームに拍手を送りたくなるようなゲームが見たい。そんなことを望む温かい視線の多さが選手を奮い立たせ、大会を成功に導く気がします。チーム関係者だけではなく、観る人、運営する人、伝える人、RWCに関わるすべての人が、良い時間を過ごせたと思えたら最高ですね。

僕も、あらゆる角度からRWC日本大会を楽しみます。

20190918.jpg

まだまだラグビー本が出ています。ぴあMOOK関西は、神戸観光局観衆の神戸観光ガイドブック。神戸製鋼コベルコスティーラーズのアンドリュー・エリスさんも登場し、お勧めのお店など紹介しています。神戸はクライストチャーチに似ているんだな。松瀬学さん著の「ノーサイドに乾杯! ラグビーのチカラを信じて」(論創社)は、なぜ、日本にラグビーワールドカップが来たのか、ラグビーワールドカップと復興など、現場で取材を続けた記者ならではの視点で書かれています。全部読むのが楽しみ。

さて、以下はお知らせ。

921日、池袋のサンシャイン60展望台でお会いしましょう!

◎サンシャイン60展望台でラグビーを知ろう・体感しよう!

https://sunshinecity.jp/observatory/event_campaign/event/entry-9824.html

  • Line