ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2019年09月14日

神戸空港ラグビー応援宣言!イベント開催

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190914-1.jpg

914日の土曜は、朝から神戸空港に行っていた。「神戸空港ラグビー応援宣言!」と題し、同空港の団体待合室を使って、パス、タックルのラグビー体験コーナーが設けられ、午前10時からと、午後2時から2回に分けてトークライブが行われれた、ゲストは神戸製鋼コベルコスティーラーズの橋本皓選手、山崎基生選手(第一部)、山下楽平選手、有田隆平選手(第二部)。ラグビーの魅力や、ラグビー観戦が楽しくなる豆知識も披露してくれた。

20190914-3.jpg

現在、コベルコスティーラーズはチームとしては練習がない。社員選手は仕事の前後にクラブハウスに出向いて自主練習。4人の中では唯一のプロ選手である山下選手は、高校の先輩がコーチを務める甲南大学の練習に参加するなどして体を動かしているという。有田選手と山下選手は、ワールドカップのチケットをゲットし、生観戦も楽しむようだ。

試合観戦で知っておくと面白いポイントとして、橋本選手は「ジャッカル」を実演して解説。そのボールの奪い合いが見どころと話した。山崎選手は「ハンドオフ」。「相手を殴ることはダメですけど、胸を突き放してタックルをかわしたりするのはOKなので、そういうプレーも迫力があります」と、こちらも実演で橋本選手の胸を思い切り突き放して、笑いを誘った。

山下選手は「ウイングあるある」を披露。「ウイングは一番外側にいるのですが、ディフェンスの時、タッチライン際を抜かれるのが一番恥ずかしいんです。完全に自分の責任ですから。そんなときは誰かに言われる前に、めちゃくちゃ悔しがります」と、抜かれて地面を叩くシーンを実演。「または、足が痛いふりをします」(場内、爆笑)。これに呼応して、有田選手は「フッカー、あるある」。ラインアウトのスローイングの際、投げた瞬間に少し曲がったら、どうする? 「ちょっと、横にズレます」と、自分が動いてゴマかすところを実演した。あるあるネタは、ホントに面白い。

20190914-2.jpg

神戸では、ワールドカップが4試合行われる。そのプロモーション担当の方も来ていたのだが、スタンプラリーをコンパクトにしてやらせてくれた。写真のスタンプは6回押すと、こんな絵になる。子供も大人も、楽しそうにスタンプを押していた。もちろん、僕も。ラグビー体験コーナーには、関西エアポートグループの公式キャラクター「そらやん」もやってきて、タックルバッグを倒すなど、意外に機敏なところを見せていた。さあ、まもなくワールドカップ開幕だ。

20190914-4.jpg

  • Line