ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年09月07日

読み切れない!? ラグビー関連本出版ラッシュ。公式ガイドブックも発売に

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

ラグビーワールドカップを前に、ラグビー関連本(書籍、雑誌)が相次いで発売になっていますね。「もう読み切れない!」と思っている人も多いでしょう。それぞれの知りたいことが書いてある本を見つけて絞るしかありませんね。とりあえず、最近出版され、僕の手ものにある本を撮ってみました。拙著「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)も好評発売中ですが、ここは遠慮しまして、このほかにもこれから色々な本が出ます。本屋さんで悩んでくださいね。

20190907-1.JPG

ワールドカップとは関係ありませんが、高校ラグビー漫画「オールアウト!!(講談社)の第16巻が発売に。なんと累計100万部突破。実はものすごくラグビー人気向上に貢献していますよ。内容もラグビースピリット、ラグビー愛があふれています。今からでも1巻から読破をお勧めします。「ラグビーの世界史」(トニー・コリンズ著、白水社)は、藤島大さん推薦で、めちゃくちゃ勉強になる本です。460ページを超える大作。ラグビーを歴史から勉強したい人にはお勧め。「平尾誠二名言録 人を動かす120の言葉」(宝島社)も発売になっています。『いつも自分の心に引っかかることが、たぶん真実やと思うんですね』。ほんま、そうですね。

20190907-2.jpg

ラグビーワールドカップ関連の雑誌は、ラグビーマガジン編集部が次々に別冊を編集。僕の古巣の編集部ですが、眠っていないんじゃないかと思うほど頑張っています。最新号は96日(金曜)発売の「ラグビーマガジン特別編集 ワールドカップを見逃すな!」(ベースボール・マガジン社)。これ、各チームの大会最終登録メンバーがほぼ入っていて、顔写真もあり。藤島大さんのプロローグから、ロビー・ディーンズさん、トッド・ブラッカダーさんの深みのあるインタビューもあり。読み応え、資料価値とも抜群です。

「ターザン771号」(マガジンハウス)も大特集(なんと17ページ)してくれています。僕もリーチ マイケル日本代表キャプテンのことや、ワールドカップの闘いの歴史など書かせてもらいました。リーチ選手本人のコメントや、大畑大介さんのインタビューもあります。「がんばれジャパンラグビー!特集号」(ぴあMOOK)は、日本ラグビー協会の森重隆会長のインタビュー(僕が書いています)、清宮克幸・副会長のプロリーグ構想の話も。櫻井翔さんと田中史朗選手の対談もあり。

20190907-3.jpg

そして、99日(月曜)から全国の書店・コンビニなどで発売が開始されるのが「ラグビーワールドカップ2019公式ガイドブック」(1500+税)。こちらは、基本的にすべての記事が英語と日本語が併記されています。世界各国の記者が執筆。ボーデン・バレットのインタビューもあり。僕は企画から関わらせてもらい、ワールドカップの日本代表歴代キャプテン座談会(林敏之、薫田真広、アンドリュー・マコーミック、箕内拓郎、菊谷崇の五氏)の聞き手、記事執筆をしています。平尾さんのことも書かせてもらっています。

  • Line