ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/08

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年08月22日

真壁伸弥、大阪マヌカでトークライブ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

821日の夜は、大阪・本町のニュージーランドレストラン「MANUKA」での「ラグビーナイトSupported by リポビタンD」の進行役をした。ゲストは元日本代表LO、サントリーサンゴリアスの真壁伸弥選手。仙台出身で東京を軸に活動をする真壁選手が関西でトークライブに出演するのは珍しいとあって、申し込み受付を開始するとすぐに満席となり、キャンセル待ちが出る人気だった。真壁選手の言葉を一言も聞き漏らすまいとする皆さんの熱視線を感じて僕も気合が入った。

20190821-2.jpg

「東北の人間は、大阪は怖いイメージがあるんですよ」と緊張気味に話し始めた真壁選手。いまの日本代表ついては「2015年のときより明らかに強くなっています。プール戦で4勝する力もついていると思います」とコメント。「何が変わったかって、前回のワールドカップ(RWC)前の日本代表は強い国とあまり試合をしていません。慣れというのがあって、それは強い国と試合をしないと身に着かないんです」と、2016年以降、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、イングランドなどほとんどの強豪国と対戦し、スーパーラグビーの経験、そのフィジカルの強さ、スキル、スピードなどを体感が選手たちが以前に比べて飛躍的に増えたと説明した。

トップリーグはいったんオフになったが、今もトレーニングしているという。「今は日本代表に入っていませんが、サントリーの選手たちはいつ呼ばれて良いようにトレーニングしています」。そうやって、日本中のラグビー選手が準備をする。それが今の日本代表の力を後押しすることにもなるのだろう。注目しているのは「中村亮土、山中亮平」と前大会では直前に選考から漏れた選手の名をあげた。「山中がアメリカ戦で気迫あふれるプレーしているのを見ていたら、涙が出てきました」。

サントリーの正社員でもある真壁選手は勉強熱心でも知られる。ウィスキープロフェッショナル、ウイスキーレクチャラーなどの資格を持ち、工業高校だったので溶接などの資格もあり、クレーンも操作できるという。ウィスキーについては「香りをかけば、どこの産地で、どんな材料で作られたかだいたい分かります。ただ、ウィスキーを突き詰めるとワインに行きつく。ワインの樽で作りますから。いまその壁に当たっていますね。ワインは難しいです」。オフの日はシェアオフィスなどでひたすら勉強しているそうだ。そして、なんと最近はサックスも始めたのだとか。「何も目指していませんけど(笑)、取り引き先のデパートに教室があったので、合間に行っています」。

ずっと話を聞いていたかったが時間切れ。大正製薬から日本代表ジャージーなどもプレゼントもあって、充実のトークライブはノーサイドとなった。今回も、J:COMのラグビー番組「熱血!トライあんぐる」で一緒にMCを務めている、きのせひかるさんが普通に会費を払って参加してくれていた。3人で記念撮影。真壁選手とは、92日夜、東京の九段ハウスで「ビジネスとラグビーのおはなし。」でも一緒にトークする。今回より、ビジネスに寄った話をしてくれそうで楽しみ。

20190821-1.jpg

  • Line