ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/07

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年07月15日

垣永真之介が語る「ラグビーの魅力」

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190714.jpg

714日、東京・立川駅にある朝日カルチャーセンター立川教室でのラグビー講座「垣永真之介が語る ラグビーの魅力」の進行役をした。現在開催中のトップリーグカップでは、サントリーサンゴリアスのキャプテンを務める垣永選手。耳の生々しい傷跡が激闘を物語っていたが、生来のおもしろキャラ全開でラグビーの魅力を語ってくれた。

幼稚園の頃、太っていて、ダイエットのために始めたラグビー。最初は練習がきつくて嫌いだったそうだ。「友達のことが好きだったから行っていたようなものですね。僕は学校では友達が少なかったのですが、ラグビーでは活躍できたし、友達も良くしてくれました。ラグビーは誰にでも輝けるポジションがある。僕はラグビーに救われたと思います」

しかしながら、ダイエットは成功しなかった。どんどん体重は増えたという。並行してやっていた少年野球でも才能を発揮し、本人はプロ野球選手を目指していた。「ソフトバンクホークスが大好きでした。良いキャッチャーになるって言われていたのですけどね。並行するのが難しくなって、ラグビーか野球かを選択しなくてはいけなかったとき、なぜか親はラグビーでしょと、野球をやらせてくれなかったんです」。

東福岡高校に入学しても体重は増え続けた。「学食の唐揚げが美味しくて、東福岡高校は朝課外といって、朝に勉強してそのあとに朝ご飯を食べるのですが、僕は朝、昼と唐揚げばかり食べていました。そうしたら、115㎏になって、トレーナーから唐揚げを禁止されました」。よく我慢できましたね? 「みんなに監視されていましたから」。ようやくダイエットに成功し、走れるプロップとして活躍。3年時はキャプテンとして春、冬の全国制覇の原動力になった。

もしラグビー選手になっていなかったら?という質問をすると、野球選手と、バイオリニストという答え。「6歳から12歳までバイオリンをやっていました。あのまま続けていたら、、、」。葉加瀬太郎にみたいになったかも?「はい。情熱大陸、やっていたかもしれないです(笑)」

泣いた映画、本、ドラマは? 「僕、映画やドラマで泣いたりしないタイプなのですが、アイ・アム・サムという映画は泣きました。あと、テレビを見ていて泣いたのは、日本代表が南アフリカ代表に勝った試合が初めてです」。

5歳の頃の太った写真を見せてくれたり、自分の赤ちゃん時代と息子さんがそっくりの写真を見せてくれたり、日野レッドドルフィンズの試合で垣永選手の後ろにリアキ・モリ選手が重なり、アフロヘアに見える奇跡の写真を見せてくれるなど、サービス精神旺盛な垣永選手に笑わされっぱなしの90分だった。

サントリーサンゴリアスはトップリーグカップで優勝目指して快進撃を続けている。新しい監督はワールドカップでジョージア代表を率いるミルトン・ヘイグ氏の就任が決まった。今は田原耕太郎コーチングコーディネーターが指揮をとっている。「これまでは、エディーさんとか沢木さんとかの指示を聞いて戦っていましたが、いまは自分たちで考えて戦っている」。そんな新たなサントリーの文化を作れたら、とも話していた。

各プール1位しかプレーオフに進めないシステムなので、719日のサントリー対パナソニックが大一番になる。秩父宮ラグビー場のナイトゲームは大いに盛り上がりそうだ。

  • Line