ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/06

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年06月15日

ラグビーファン創造戦略について議論するセミナー開催

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

サンウルブズの2019年の戦いが終わりました。マッチレポートはサンウルブズの公式サイトに書かせてもらうのですが、スーパーラグビーでは最後のシーズンとなる2020年のサンウルブズを、日本ラグビーの強化の中でどう位置付けるのか、それを明確にすることがとても重要だと思います。アルゼンチンは、国内の日本のトップリーグのようなリーグがないので、アルゼンチン代表を世界一にするためにシンプルなプランで強化しています。若い選手たちでチームを編成して海外のリーグに参戦するやり方です。日本はトップリーグがある。日本代表、サンウルブズ、トップリーグのバランスをどうとるか。そして、やはり目標を「世界一」と明確にするべきだと思います。日本ラグビー協会の新体制の課題です。

さて、ラグビーのファン創造戦略について議論するセミナーが開催されます。大阪と東京で行われるのですが、僕は大阪会場のパネラーとして参加します。

▼日本スポーツマネジメント学会第24回セミナー(大阪会場:7/12、東京会場:7/31

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催年を迎えました。メガスポーツイベントの招致は国内のファン創造・獲得の大きな契機ですが、開催まで半年を切った現在、ラグビーファン創造・獲得はどこまで進んでいるのでしょうか。開催そして開催後の取り組みとしてどのような戦略が考えられるのでしょうか。

日本ラグビーフットボール協会は、2016年から2018年の3年間、「高校ラグビー」「大学ラグビー」そして「トップリーグラグビー」の観戦者を対象にアンケート調査を実施し、その分析を進めてきました。本セミナーでは、その調査の企画・実施を担った研究者が結果を報告し、その結果を基にラグビーワールドカップ2019日本大会とその後のファン創造戦略について議論します。

▼テーマ

ラグビースタジアム観戦者調査データからファン創造戦略を探る

日時

【大阪会場】2019712日(金)18:3020:3018:00受付開始)

【東京会場】2019731日(水)18:3020:3018:00受付開始)

場所

【大阪会場】立命館大学 大阪梅田キャンパス多目的室

 大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル5F

 (会場アクセス:http://www.ritsumei.ac.jp/osakaumedacampus/access/

【東京会場】早稲田大学 早稲田キャンパス3号館

 東京都新宿区戸塚町1丁目104

 (会場アクセス:https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

★詳細、参加申し込みは以下のサイトよりお願いします。

http://e-jasm.jp/seminar/se024.html

  • Line