ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/06

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年06月29日

チャレンジJ9&スクラムユニゾン「ラグビーを歌って、語ろう!丸の内15丁目編」開催

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190627-1.jpg

627日(木曜)の夜は、丸の内15丁目プロジェクトで新しく作られた「KOMINKAN」(公民館)で、初のラグビーイベントが開催された。丸の内仲通りに面していて、東京駅よりも有楽町駅が近いのだが、とても良い場所にある。今回のイベントは、難病ALSの患者支援と治療研究への寄付を呼び掛ける「チャレンジJ9」と、色々な国の人たちと、日本中のあちこちで肩を組んで国歌斉唱することを目的とした「スクラムユニゾン」がタッグを組んだもの。

題して【ラグビーを語って、歌おう!丸の内15丁目編】。会費に含まれるケータリングサービスとドリンクもあったが、飲食持ち込み自由だったので、僕もワインを持って行った。みんなでワイワイとパーティーのようで楽しい時間だった。トークゲストは元東芝ブレイブルーパス監督の冨岡鉄平さん、歌手の田中美里さんもお父さんが慶應義塾大学のラグビー選手だったので、3人でしばしラグビー談義。冨岡さんは「僕らコーチや選手もファンの皆さんの行動を尊敬することがある。ファンの人たちの行動が新たなファンを惹きつけるということもあると思うんです」と、みんなでラグビーを盛り上げていこうという話をしてくれた。

20190627-2.jpg

後半は田中美里さんの巧みな指導のもと、南アフリカとジョージアの国歌を練習し、大合唱。参加者は満員の30名。みなさん練習してきたのかと思うほど大きな声で歌ってくれた。美里さんによると、かなり難易度の高い国歌だという。ちなみに、美里さんは20チームのラグビーアンセムすべて歌えるそうだ。これ、最高のおもてなしだという気がする。こうしたイベントに初めて参加した人もいて「楽しかったです。またやってください」と声をかけていただき、とても嬉しかった。

このKOMINKANは昼間も解放されているので、ぜひ皆さんも丸の内15丁目の住民になって訪れてみてはどうだろう。住民登録はホームページから簡単にできる。もちろん、住民にならなくても利用できる。

https://marunouchi15.com/

また、このイベントは日本ラグビーフットボール協会とラグビーワールドカップ2019組織委員会が立ち上げたプログラム「ラグビーまつりプロジェクト2019」の認定イベントでもあった。こちらも、皆さん参加してみてはどうだろう。

https://rugbymatsuriproject2019.jp/

20190627-3.jpg

  • Line