ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/04

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年04月26日

サンウルブズ、今季ワーストの出来で敗戦

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

426日(金)は、秩父宮ラグビー場で、スーパーラグビー201911節 サンウルブズ対ハイランダーズの解説だった。JSPORTSの放送席は、実況の矢野武さん、解説は廣瀬俊朗さんと僕だったが、なかなか盛り上げられない試合になってしまった。

立ち上がりから、スクラム、ブレイクダウン(ボール争奪局面)で凄まじいプレッシャーをかけてきたハイランダーズに、サンウルブズは防戦一方。前半20分で4トライを畳みかけられた。ミスタックル、ハンドリングエラーと負の連鎖が止まらない。

対するハイランダーズはここまで3勝と苦しんでいたが、今季のベストゲームだろう。硬軟織り交ぜ、多彩な攻撃で計8トライを奪い、サンウルブズは1トライも奪えなかった。詳しい試合内容は、サンウルブズの公式サイトに書くのだが、田中史朗が涙ながらに「(ファンの皆さんに)申し訳ない。自分たちは未熟です」とコメントしていたのは印象に残った。試合に臨む姿勢、コンタクトプレーの激しさ、キック、パスなどのプレーの正確性、判断の確かさなど、あらゆる面で見習うべきことばかりの完敗だった。

ポジティブな面をあげれば、合流したばかりの堀江翔太、田村優がレベルの高いプレーを見せたことだろう。「前半はディフェンスのときに声が出ていなかった」と堀江。田村とともに貫禄のプレーぶりで、改めて日本代表を引っ張るHOSOだと印象付けた。

サンウルブズはこの後、オーストラリアに遠征し、53日、レッズと対戦する。次回の秩父宮ラグビー場での試合は、525日のレベルズ戦となる。

■試合結果

◇東京・秩父宮ラグビー場  19:00キックオフ

サンウルブズ●052◯ハイランダーズ(前半033

  • Line