ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/04

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年04月20日

サンウルブズ、ハリケーンズに逆転負け

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190419-1.jpg

スーパーラグビー2019に参戦中のサンウルブズは、419日、秩父宮ラグビー場で、ニュージーランド(NZ)カンファレンス2位のハリケーンズと対戦。サンウルブズ史上初の平日ナイター開催で、今季最高の16,805人の観衆が集った。ホームの大歓声にのって前半は2310とリードしたものの、後半、逆転負けを喫した。写真はJSPORTSの放送席から撮ったもの。

WTBセミシ・マシレワのエガちゃんポーズを見たかったファンは多かったと思うのだが、前半6分、いきなりそのマシレワが先制トライ。マシレワは28分にも、SOヘイデン・パーカーのキックパスに走り込んでトライをあげ、観客席を大いに盛り上げた。

詳しい試合内容は、サンウルブズの公式サイトに書くので、ここでは簡単に触れたいが、ラインアウトでのミスは勝敗に直結した気がする。サンウルブズのプレースタイルが全うできれば、どんなチームにも勝つことは分かるのだが、ミスや反則の連鎖で接戦をものにできない。報道陣からは、どうすれば課題を修正できるのか、という質問が出た。トニー・ブラウンヘッドコーチはジョーク交じりに「あと5年、スーパーラグビーでプレーさせてもらえれば」と語り、こう続けた。

「ハリケーンズは、過去に優勝経験もあり、プレッシャーへ対応する術を知っている。毎週、プレッシャーのかかる試合を経験して改善されるものでしょう」

サンウルブズは、次週、同じくナイター試合でハイランダーズと対戦する。ホームでの今季初勝利を見せてもらいたいものだ。

  • Line