ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/04

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年04月13日

岡田優輝選手、大阪MANUKAトークライブ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190413.jpg

413日(土)は、鶴見緑地で関西セブンズの大学の部が行われ、決勝戦では同志社大学が関西学院大学を2621で下して優勝した。プロップだけのセブンズも盛りあがったようだ。僕は別の仕事でそちらには行けず、夜は、大阪・本町のニュージーランドレストラン「マヌカ」での恒例のラグビーナイトの進行役をした。

ゲストは、トヨタ自動車ヴェルブリッツの岡田優輝選手。昨季のトップリーグ新人賞に輝いた将来期待のアウトサイドBKである。兵庫県出身で、伊丹ラグビースクールから大阪桐蔭高校、帝京大学、トヨタ自動車に進んだ。トヨタでは正社員として勤務しながらトレーニングに励んでいる。岡田選手は高岡工場勤務で、発売になったばかりの、RAV4押しなのが面白かった。「僕も欲しいです。皆さん、高岡工場で作っているハリアー、ラブ4をお願いします!」

現在のトヨタはトップリーグカップに向かって練習の強度が上がり始めたところだそうだ。キャプテンの姫野和樹は日本代表の合宿で不在だが、FBジオ・アプロンらがリーダーとして引っ張っているという。岡田選手はアスリートとしての能力が抜群という話を、他の選手からよく聞く。数値的なことを聞いてみると、「今年になって、20m走のタイムを測定したのですが、僕はチームで2位でした」。誰が一番?「スティーブン・イェーツです。35歳になっているのですが、まったく衰えないです」。何秒くらい? 「27くらいですね。それがいかに凄いか伝わりにくいと思いますが...」。

その後、ジオ・アプロンの話になり、アプロン、早そうだけど、と言うと、「あっ、アプロンが測定のときにいなかったのを言うのを忘れました」(笑)。ちなみに、一緒にプレーして一番すごいと思ったのは、南アフリカ代表FBでもあったアプロンだそうだ。「あの瞬間の加速はすごいですね。あと、お尻がプリっとしてるんですよね」。そこか(笑)。

幼稚園にラグビー部があった話は面白い。「ラグビー部と体操部があったのですが、母が、ラグビーの段柄のジャージがかっこいいからと決めたみたいです」。親戚にラグビー経験者はいなかったのに、そこでラグビーをしたことで、伊丹ラグビースクールにつながり、大阪桐蔭、帝京という強豪につながるのだから、偶然の出会いが岡田選手の人生を変えたわけだ。「僕が中学の時に、全国中学生大会が始まって、そこで今につながる友達にたくさん出会いました。ラグビーをしていなかったら、あんなに友達はできなかったです」。

スピードのある岡田選手に、お客さんから、セブンズでオリンピックは目指さないのですか?という質問があった。「実は僕、セブンズアカデミーに選ばれたり、ユースオリンピックに出たこともあるんです。でも、いまセブンズは試合がたくさんあり、15人制のほうができなくなってしまいます。僕の本業は15人制なので」。15人制で日本代表を目指す。そこはブレない目標のようだ。トヨタはスーパーラグビーに参加している選手以外の外国人選手も合流してトレーニングしている。

岡田選手も含め、カップ戦でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。岡田選手は今年のラグビーワールドカップもあきらめていない。そんな選手たちがカップ戦で最後の可能性にかけて戦うということだ。

  • Line