ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/02

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年02月20日

ユーストの誕生日&小林深緑郎さん

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

きょうは、ユースト・ファンデルヴェストハイゼンの誕生日でした。生きていれば、48歳です。先日、本ブログでも書いた「チャレンジJ9」は、さまざまなメディアに取り上げていただき、着実に賛同者を増やしています。元南アフリカ代表SHで、1995年ラグビーワールドカップで、南アフリカ代表の優勝に大きく貢献した英雄ユースト・ファンデルヴェストハイゼンさんは、2017年にALS(筋萎縮症側索硬化症)/MND(運動ニューロン疾患)で亡くなりました。

彼は病のことを公表してから、この病気への理解と治療法研究開発の基金を作り、懸命に活動しました。J9は彼の背番号9と名前の頭文字「J」にちなんでいます。ALS/MNDの治療に期待されているのが、iPS細胞です。チャレンジJ9は、彼の遺志を継ぎ、日本でラグビーワールドカップイヤーが開催される今年、ラグビーを愛することで知られるノーベル賞受賞者山中伸弥氏率いる京都大学iPS細胞研究所と、患者の方たちへのサポートのための寄付を募っています。ぜひ、公式サイトをご参照の上、サポートしていただければ幸いです。
https://www.challengej9.net/

2月18日、横浜のラグビーダイナーで開催されたトークライブは、チャレンジJ9に賛同するイベントとして開催されました。募金箱ならぬ「募金やかん」も登場し、この病気について、ゲストの小林深緑郎さんも話してくれました。ユーストだけではなく、現在、元スコットランド代表のLOドッディ・ウェアさんもこの病と闘いながら、基金を作って活動中です。

20190218.jpg

さて、トークライブのほうは、深緑郎さんの独特のテンポがさく裂して、僕が司会したトークライブ史上最高に「ゆるゆるトーク」になりました。イングランド、アイルランド、スコットランドの最新情報は、さすがラグビー博士だったのですが、トークのテンポが面白すぎて、情報が頭に入ってこない(笑)。イングランド代表のエディー・ジョーンズヘッドコーチが、ディフェンスコーチに引き抜いたのが、元オールブラックスのヘッドコーチだったジョン・ミッチェル。彼はディフェンスコーチの経験がなく、イングランドのメディアに酷評されましたが、シックスネーションズの初戦にアイルランドに勝ったとたんに称賛に変わったなどなど興味深い話を、ゆるゆると語りました。

深緑郎さんとは、3月12日夜、大阪のニュージーランドレストラン「マヌカ」でもトークライブがあります。深緑郎さんのトークを関西で聞く機会はめったにないので、ラグビーワールドカップの予習のためにも、ぜひぜひご参加ください。クスクスっと、笑えますよ。マヌカもチャレンジJ9に賛同してくれています。また、セブンオウスでは、3月26日、廣瀬俊朗さんをゲストに招いてトークライブを開催します。こちらもご参加ください。廣瀬さんは、チャレンジJ9の発起人の一人でもあります。

▼MANUKA本町店「ラグビーナイト」ご予約受付フォーム
http://blog.manuka-nzl.com/?page_id=213

▼セブンオウス
https://www.7-oaths.com/

  • Line