ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2015/04

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2015年04月05日

東京セブンズ2015終了

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

4月5日、雨の秩父宮ラグビー場では、東京セブンズ2015の2日目が行われた。男子セブンズ日本代表は、カップトーナメント準々決勝でフィジーと対戦し、5-41で完敗。プレートトーナメント準決勝ではスコットランドに健闘したものの、5-14で敗れた。シリーズポイントは「10」を獲得。7大会で「17」とし、14位のポルトガルの「25」に8点差と迫った。あと2大会でこれを逆転し、コア15チームに残留できるか。

オランダとのエキシビションマッチを行った女子セブンズ日本代表(サクラセブンズ)は前日は連敗し、きょうも第1試合は5-29で敗れたが、第2試合は、粘り強く攻め、谷口令子、小出深冬らのトライで、22-7と勝利した。

そして、順位トーナメントは波乱の連続。カップ準々決勝でニュージーランド(オールブラックス・セブンズ)がカナダに敗れ、ボウル決勝はアメリカがオーストラリアに勝利。カップ決勝戦は、イングランドが南アフリカを下して、今シリーズ初優勝で、シリーズポイントを、「100」に乗せて、オーストラリアを抜いて4位に浮上した。

20150405_2

イングランドのサイモン・アモールHC(ヘッドコーチ)は、「難しいコンディションで、上手くいかないプレーもあったが、我々のチームのスタンダードを守ってプレーしてくれた選手達を誇りに思っています。今夜は楽しみ、明日から切り換えたい」とコメント。

トム・ミッチェルキャプテンも「今シリーズの初優勝を非常に嬉しく思うし、特にサイモンがヘッドコーチになって初めての優勝なので嬉しい。本国にいるメンバーも含めて皆で喜びを分かち合いたい」と語った。

トップ3のシリーズランキングは、1位南アフリカ「129」、2位フィジー「125」、3位ニュージーランド「120」となった。

次は5月にグラスゴー大会、ロンドン大会が控えている。

追記◎初日に発表があったのだが、DHL Match Ball Delivery Rugby Dream Campaign(RWCイングランド大会 日本vs.南ア戦のボールデリバリーキャンペーン)で埼玉県の川口ラグビースクールの岡田虎哲(おかだこてつ)君(6年生)が選ばれた。日本と南アフリカの試合でボールデリバリーをすることになったわけだ。おめでとうございます。

  • Line