ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2015/04

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2015年04月03日

東京セブンズ2015前日

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20150403

東京セブンズ2015の開幕を明日に控えた4月3日午後、都内のホテルで、男子セブンズ日本代表の記者会見があった。瀬川ヘッドコーチは冒頭、「いよいよホームの東京で戦えることを嬉しく思っています。ワールドシリーズでは苦しい戦いが続いており、正念場ですが、ベスト8入りを果たしたい」と語り、坂井キャプテンも「プール戦で2勝以上をあげ、ベスト8を目指します。勝ちにこだわって精一杯プレーしたい」とコメントした。

各選手からも同様のコメントが聞かれたが、香港セブンズではメンバーから外されながら、満を持して投入される豊島翔平は、「僕自身、3年ぶりのワールドシリーズになるので、楽しみたいです。3年前より身体は大きくなっているので、ディフェンスで貢献できると思います」ときっぱり。ニュージーランド帰りの藤田慶和は「ボールを大きく動かすプレースタイルの中で、ゲームメイカーになっていきたい」、最年少の松井千士は「フィニッシャーとして、走り切れる力を示したい」とそれぞれ意気込みを語った。

東芝を退社した吉田大樹は、和歌山県のヒガシクラブの所属チームとしての出場。現在は和歌山県の会社に就職し、国体での優勝を目指しつつ、オリンピック出場を視野にトレーニングしている。「セブンズ漬けの一年になりますね」

男子セブンズ日本代表は、初日、12時34分からアルゼンチンと戦う。

■男子セブンズ日本代表・最終登録メンバー
1.トゥキリ ロテ ダウラアコ、2.後藤駿弥、3.桑水流裕策、4.吉田大樹、5.レメキ ロマノ ラヴァ、6.高井迪郎、7.坂井克行、8.彦坂匡克、9.藤田慶和、10.豊島翔平、11.松井千士、12.合谷和弘

  • Line