ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2015/03

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2015年03月16日

文字隆也選手とトークライブ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

日本代表キャプテンのリーチ マイケルが、3月14日、スーパーラグビーでデビューした。所属するニュージーランドの強豪チーフスで、NO8としての出場である。JSPORTSの放送されていたシックスネーションズのハーフタイムにハイライト映像が流れたが、見事なジャッカルで相手の反則を誘い、ボールキャリアとしてのいつもの柔らかな動きで前に出ていた。両フランカーは、サム・ケイン、リアム・メッサムというオールブラックスの選手である。今後も出場機会に恵まれそうな気がする。

3月15日は、京都駅近くの中華料理店「清華園」で、第2回目になるトークライブだった。ゲストは、トヨタ自動車ヴェルブリッツの文字隆也選手。写真中央は、清華園の店主であり、文字選手と同じ伏見工業高校のOBである清水悟さん。

20150316


日曜日の早い時間の開催だったこともあって、芦屋ラグビースクール、箕面ラグビースクールなどからラグビー好きの子供達も来てくれて楽しい時間を過ごすことができた。トヨタの練習着を文字選手が持参してのジャンケン大会では、ちびっ子ラガーマンもゲットしてくれたし、勝ち残ってゲットしたプレゼントを子供達に渡してくれる参加者の方もいて、嬉しくなった。

文字選手のファンだという少年のお父さんが、照れる息子さんに代わってアドバイスを求めると、文字選手は「楽しくプレーすることが大事です。いろんなポジションを経験したほうがいいです。僕も中学からプロップ、ロック、フルバックなどいろいろやりました。それから人の話を聞くことは大事ですが、自分で考えて、工夫して練習することが大事です」と答えていた。

文字選手には、ラグビーを始めた中学の頃からトヨタ自動車の今季の戦いまで、多岐にわたって話してもらったのだが、中学2年で転校するところは興味深い。文字選手は子供の頃、プロサッカー選手を目指していた。中学1年の後半からラグビーと両立させる生活を送るのだが、何度もやめようとして、その時のラグビー部の吉本監督(故人)に辞めさせてもらえず、そのうち、この監督の愛情を深く感じて、監督が人事異動で別の中学に行くと、住所を変更して転校した。「吉本先生以外の人の下でラグビーをすることが考えられなくて。もし、転校できなかったらラグビーをやめていたと思います。転校した翌日には先生と早朝にウェートトレーニングして、みんなに引かれていました(笑)」など、思い出を語ってくれた。

周囲を生かすパスが上手な文字選手だが、伏見工業高校時代に山口良治総監督に「お前は身体が小さいのだから、他の人に当たってもらって、本当に行けるときに走れ」という趣旨のことを言われたのが、その原点のようだった。ふと、高校時代は線が細かった平尾誠二さんが、山口先生に「(タックルから)逃げろ」と言われて、独自のステップワークを磨いたことを思い出した。

現代ラグビーでは、SOが相手の大型FW選手にタックルしなければいけないことが多く、「タックルしますけど、する前は、ほんとに怖いです」と話す文字選手に、誰が一番怖いか聞いてみたら、「リーチ選手です」との答え。「タックルに入ったと思ったら、走り抜けられるなど、タックルポイントをずらすのが上手いのと、当たったときの衝撃がものすごいです」と、リーチ選手の凄みを説明した。

173㎝、82㎏というサイズで2014-2015シーズンのトップリーグではレギュラーシーズンの全試合に出場したが、セカンドステージの神戸製鋼戦でアゴを痛め、次のサントリー戦もプレーしたのだが結局アゴの骨折が判明して手術。現在もプレートが入った状態だという。日本代表への想いなども聞いてみたが、「それより先に、トヨタで優勝したい」と話していた。

文字選手、そして、参加者の皆さん、ありがとうございました。

  • Line