ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2015/03

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2015年03月08日

感動のトップリーグ・オールスター2015

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20150308

3月8日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場(岐阜県岐阜市)にて「トップリーグオールスター『FOR ALL チャリティーマッチ2015』 in岐阜 supported by バローグループ」が開催された。2季ぶり6回目の開催となったオールスター戦は、トップリーグのスター選手たちが楽しげにフィールドを駆け回った。

今回もスタジアムを盛り上げたのはNECの瀧澤直。プレースキッカーとして、五郎丸歩のフォームを真似て爆笑を誘った。対する五郎丸も正面のゴールをハーフウェイラインまで下がって決め、角度の難しいキックも難なく成功させるなど2人の応酬に観客席は大いに沸いた。両チーム7トライずつの計14トライがあったが、グリーンの屋宜ベンジャミンレイ、オレンジの成田秀悦らが卓越したスピードを披露。スコアは、48-39でオレンジの勝利。

終盤は、これが引退試合になる遠藤幸佑(トヨタ自動車)、西浦達吉(コカ・コーラ)がトライをあげて両チームから祝福されるなど、温かい雰囲気に包まれた。特に、遠藤は、2013年12月の神戸製鋼戦で右膝に大けがを負い、もう一度走ることすら難しいとされていたが、懸命のリハビリで奇跡的な回復を見せた。その血のにじむ努力を知るトヨタ自動車のメンバー全員も観戦に訪れ、最後の雄姿を見守った。

後半32分、グリーンチームのWTBとしてポスト下に飛び込んだ姿は、2007年、2011年のワールドカップでトライをあげた姿と重なった。胸が熱くなったファンも多かっただろう。試合後の遠藤は「ワールドカップのトライより、きょうのトライのほうが嬉しい」と笑顔で語っていたという。

遠藤選手にはご家族が、西浦選手にはコカ・コーラの有田隆平選手が、すでに引退会見を済ませた箕内拓郎さんには、大野均選手が、それぞれ花束を贈った。

MVPは、五郎丸歩選手。特別協賛のバローグループより「飛騨牛 A5ロース肉10kg」をはじめとする豪華副賞が贈られ、「半分は瀧澤選手にあげます」と笑わせた。

試合後には恒例のチャリティーオークションが行われ、神戸製鋼のアンドリュー・エリス選手のジャージ、スパイクや、サントリーの松島幸太朗選手のスパイクのほか、南アフリカのシャークスの全選手サイン入りジャージなど貴重な品々が次々に落札された。最高値は、五郎丸選手のサイン入り練習ジャージ。「これ、本人が着たかどうか分からないので、いま、シャワーを浴びている五郎丸選手に着てもらってきます!」という池町選手のプレゼンで、落札額は一気に跳ね上がり、最終的には3万6千円となった。池町選手は約束通りロッカーに走り、五郎丸選手の着用姿をスマホに収めて戻るというサービスっぷりで拍手喝さいを浴びた。

お知らせ◎怪我もあって、この日の出場はありませんでしたが、トヨタ自動車の文字隆也選手のトークライブが3月15日に迫りました。京都・清華園にて、午後5時半より。すでに多数のお申し込みを受けていますが、まだ席がありますので、ご都合のつく方はぜひどうぞ。

https://www.jsports.co.jp/rugby/loverugby/2015/03/315-1b35.html

  • Line