ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2015/02

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2015年02月28日

日本選手権決勝結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

2月28日、秩父宮ラグビー場で行われた日本選手権決勝は、ヤマハ発動機ジュビロが15-3でサントリーサンゴリアスを破り、初の頂点に立った。いったんは強化を縮小したクラブを再建するため、清宮克幸監督を呼び寄せ、4年目のシーズンでの快挙である。

トップリーグのプレーオフ決勝では力を出しきれずに敗れたヤマハだが、きょうは違った。立ち上がりから力強いタックルでサントリーの攻撃を食い止め、7分にCTBマレ・サウのトライで先制。13分には、直線距離で50mはあるPGをFB五郎丸歩が決めて、10-0とした。その後もスクラムで圧力をかけ、ブレイクダウン(ボール争奪戦)でも優位に立ったヤマハは、26分、五郎丸のパスを受けたWTB中園真司が左コーナーに飛び込んで15-3とし、後半も反応のいいディフェンスでサントリーをノートライに抑えた。最後もスクラムを押し込み、ペナルティーを誘っての快勝だった。

「ありがとうございました! ヤマハラグビー32年、みんなの想いが体現できました。一仕事終えたと、ほっとしています」と清宮監督。「決勝戦というのに、(選手達は)なんともアグレッシブに行ってくれた。強気、強気で前半を終えたのが今日の勝因。後半は体を張り続けてくれた。今シーズンのベストゲームです」。バックスタンドのファンを見ながら、「あのスタンドのあの姿が見たくて、僕はこの仕事をやっているので、嬉しいです」と語り、表彰式の後は選手達をバックスタンドに急がせていた。

苦しい時代をくぐりぬけた選手、そして応援し続けたファンには、至福の時間だったろう。トップリーグでは唯一レスリングコーチを置き、フランスにスクラムだけの強化のために合宿に行くなど、独自の強化が実を結んだ。今季は、トップリーグでサントリーに負け、神戸製鋼に完敗、プレーオフ決勝ではパナソニックに敗れた。負けて学んだシーズンでもあった。

敗れた大久保直弥監督は、「残念です。ヤマハは80分、素晴らしいディフェンスをしていた。フィジカルでブレイクダウンのスピードを殺されました」と、相手を称えた。

■第52回日本選手権・決勝結果
東京・秩父宮ラグビー場
ヤマハ発動機ジュビロ○15-3●サントリーサンゴリアス(前半15-3)

  • Line