ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2015/01

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2015年01月07日

高校大会決勝結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

東大阪市の近鉄花園ラグビー場で、昨年12月27日から開催されていた全国高校大会は、1月7日、決勝戦が行われ、東福岡高校(福岡県)が御所実業(奈良県)を破り、3年ぶり5度目の頂点に立った。

その戦いぶりは「強い」の一言につきた。準決勝では尾道(広島県)の前に出るディフェンスに苦しんだが、後半は修正して40得点。決勝の御所実業を相手には、最大の強みである「コンタクト」で立ち上がりから御所実業を圧倒し、SH古賀駿汰、SO松尾将太郎が自在にパスを振り分け、CTB萩原蓮の先制トライを手始めに、前半だけで6トライを畳み掛けた。

御所実業もディフェンスで前に出るプランだったのだが、序盤にコンタクトで劣勢になったことで前に出られなくなり、ボールキャリアへのプレッシャーが中途半端になった。こうなると、身体能力もランニングスキルも高い東福岡を止めるのは難しい。モールから吉川浩貴キャプテンが1トライを返すにとどまった。「ディフェンスからボールを奪い、モールで攻める。いつも通りのラグビーをしようとしましたが、御所のラグビーができませんでした」(吉川キャプテン)。5試合を戦い抜き、準優勝の賞状を受け取る際には涙があふれ出た。

決勝戦の57-5は、大会最多得点、大会最多得点差を更新するものだった。東福岡は、春の選抜大会決勝でも62-10という圧勝で、夏の7人制大会と合わせ、圧倒的な強さで高校の全国タイトル三冠に輝いた。「選手達には、この場所に連れて来てもらって、ありがとうございます、と言いたい」と藤田雄一郎監督。「得点は彼らが60分間走り続けた結果。よくやってくれたと思います」。名将・谷崎重幸監督の後継者としてチームを率いて3回目の挑戦で頂点に立ち、感慨深げだった。古川聖人キャプテンはバックスタンドのサポーターに「このチームのキャプテンで幸せでした」と感謝を述べ、懸命に涙をこらえた。報道陣から最多得点について問われ、「能力の高い選手達が、地道に努力を重ねた結果です」と、各選手が日本一になるために努力を怠らなかったことを強調した。

日本一という高い志を共有する選手達が努力してたどり着いた頂点。表彰式後も、まずは御所実業の選手達と握手し、竹田監督への挨拶の後、バックスタンドで声援を送った仲間の前で喜びを爆発させたのも立派だった。最後は笑顔で御所実業の選手達と記念写真に収まっていた。

■全国高校大会決勝戦結果
東福岡○57-5●御所実業(前半40-0)

  • Line