ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/11

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年11月13日

ワイルドナイツのクラブハウスにて

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201411131

13日は、群馬県は太田のパナソニックワイルドナイツのクラブハウスに行っていた。写真の通り、今季より監督に就任したロビー・ディーンズさんと、加入2年目のベーリック・バーンズ選手に話を聞いた。これは、11月下旬発行予定のJRFUメンバーズクラブ会報誌に掲載されるもの。

トップリーグでの戦いぶりのこと、日本の生活などについて聞いた。2人ともフレンドリーで楽しいインタビューだった。パナソニックは、開幕戦の東芝ブレイブルーパスには敗れたものの、その後は得点力の高さを見せつけ、得点、トライ数、PG数ともに16チーム中1位の数字を出している。ディーンズ監督は「大きく変えたことは何もありません。少しずつの積み重ねです」と話し、バーンズ選手は「2年目で日本のラグビーに慣れたというのは確かです。チームメイトの動きも分かって、よりコミュニケーションがよくなったこともあります」など、プレーメイカーとして、周囲の動きを理解しているのが大きいという話をしていた。

バーンズ選手は今季、PGを一本も外していない。ハーフウェーライン付近のものもあるので、けっして簡単な位置ばかりではない。それについては、「三輪や大澤らもよく決めている。彼らとよく練習している成果だと思う」と謙虚に語った。詳細は誌面にて。

こちらは、英国バーバリアンズクラブに招待され、レスタータイガース戦に出場した田中史朗選手。会報誌の読者プレゼント用に帽子にサインをしてくれた。いつもの笑顔で。

201411132

  • Line