ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/10

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年10月12日

関西大学Aリーグ宝ヶ池の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201410121

12日の日曜日は、京都の宝ヶ池球技場に行っていた。関西大学Aリーグの2試合(同志社大学対大阪体育大学、立命館大学対天理大学)を取材するためだ。

12:00キックオフの第1試合は、開始3分、同大WTB松井千士の快走で早々に先制トライ。9分にも松井がトライをあげるなど一方的になるかと思われたが、同大がラインアタックで再三パスを後逸し、大体大の逆襲を受ける場面が増える。前半37分には、大体大がゴール前のラインアウトから攻め、LO西村界人がトライ。26-14で迫られる。39分、味方のキックをインゴールに追った松井が押さえたかに見えたが、これは認められず。同大にはもどかしい展開が続いた。

後半も序盤は大体大ペース。何度もゴール前に攻め込まれたが、我慢の防御でしのぎ、17分、BKのワイド展開で攻め込み、最後は、NO8末永健雄がトライ。33-14とすると、21分、自陣からアタックし、SH大越、LO森山、PR才田らが右に左にパスをつないで、最後はWTB宮島がポスト下に走り込んで突き放した。最終スコアは、52-14。「大体大がしっかり準備してきたプレーに受けてしまうところがあったのは残念。しかし、FW、BK一体となってパスをつないだ、いいトライもあった。勝って反省できるのはいいことです」。山神孝志は、まずますといった表情で振り返った。マン・オブ・ザ・マッチは、2トライの松井千士。

第2試合は、連覇を狙う立命大と昨季6位ながら優勝候補の一角である天理大の対戦。実力拮抗の両チームによる白熱の攻防となった。前半16分、天理大がCTBジョシュア・ケレビのトライで先制。その後は、互いにハイパントを多用しながら一歩も引かない。前半29分、天理大は、左オープン攻撃でブラインドサイドからWTB井関がライン参加して抜けだし、そのまま約50mを駆け抜けて均衡を破る。立命大もゴール前ラインアウトのチャンスをつかんだが、ここは押しきれず、14-0のまま前半を終えた。

後半に入ると、立命大が何度も攻め込むが、ゴールラインを背に天理大が粘る。13分、立命大FL小原がゴールラインを越えて飛び込んだかに見えたが、天理大WTB井関がタックル。激しく交錯して互いに頭部を打撲。同時に担架で退場する事態となった。判定はノックオン。18分、天理大はWTB山之内が巧みなステップワークで左タッチライン際を駆け抜けてトライし、19-0とする。風下の天理大は、自陣22mライン内からもボールを保持して攻める。立命大は骨のきしむ音が聞こえるようなタックルで応戦し、ボールを奪い返して攻める。ほとんど天理陣内でのタフな攻防が続いた。終盤は選手たちに疲労の色が濃くなった。結局、天理がもう1トライ追加してノーサイドとなった。※当初、追加点なしと書いていました。失礼しました。

「前半の立ち上がりに攻められたときに、トライをされなかったことで落ち着きましたね。シャットアウトで勝ってくれて良かったです。ここで負けると自信を失うところでしたから」。今季初勝利を挙げた天理大・小松節夫監督は安堵した様子だった。

マン・オブ・ザ・マッチは、天理大キャプテン、齋藤遼太郎。

■関西大学Aリーグ第2節、宝ヶ池の結果
同志社大学○52-14●大阪体育大学(前半26-14)
立命館大学●0-26○天理大学(前半0-14)

  • Line