ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/06

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年06月18日

堀江・真壁、村田大志&SAKURA基金オークション

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

火曜日は、アメリカから帰国したばかりの日本代表・堀江翔太選手、真壁伸弥選手の対談、そして、村田大志選手のインタビューをした。堀江選手と真壁選手には、日本代表のこと、トップリーグの展望など聞いた。どうしても、話は強くなったスクラムのことになるのだが、シンプルに、ダルマゾコーチのきめ細やかなコーチングと、練習にかける時間の長さに比例してレベルアップしているということ。

堀江選手は、「スーパーラグビーで組み方を学んだこともあって、ダルマゾコーチにもそれほど言われない(修正されない)」と言っていた。それは、スーパーラグビーレベルでは当たり前に行われていること、という意味でもあるだろう。「もちろん、足の位置とかは修正されるんですけどね」。真壁選手は、「組み方が変わって、僕らロックは体重を預けるだけという感じで、組みやすい」と、それほどスタミナも消耗しないという話をしていた。「僕は80分、プレーできますよ」とさりげなく、アピールも。

これらは、7月下旬に発行されるJRFUメンバーズクラブ会報誌50号に掲載されるもの。イタリア戦に向けては、2人とも「自信を持って臨む」と話していた。

201406171

最後は雑談になったのだが、堀江選手は「イメージチェンジしたい!」と話し始めた。「僕のイメージって、いつもだるそうな感じにしていて、近寄りがたい感じでしょう? 違うんですよ。フレンドリーですから。僕、感じいい人です!」。僕は取材していて、感じが悪いと思ったことは一度もないのだが、なぜか本人はそう思っている。イタリア代表戦に勝って、満面の笑顔でスタンドに手を振れば、イメージ変わるでしょう!

真壁選手と言えば、ブログ「まかさんぽ」で、いい味を出している。「選手は試合で頑張ればいいと思いがちだけど、発信もしていかないといけないと思うんです」。大人気のブログが、さらに読まれてほしいと願う。「サモア戦のとき、観客席から、さんぽ〜って声がかかって、びっくりしましたよ」と、ちょっと照れくさそうにしつつ、嬉しかったみたいだ。『まかさんぽ』、おススメ!

201406172

村田大志選手は、「日本代表に選ばれて、自分が一番びっくりしました」という。ちなみに、村田選手にラグビーを薦めたお父さんも「ここまで来るとは思わなかった」と話しているという。子供の頃は身体が小さくて、コンプレックスの塊だったそうだ。アウトサイドCTBとして、オールブラックスのコンラッド・スミスのような選手を目指す。「今年はサントリーでも13番でプレーしたいと思います!」

お知らせ◎6月21日は、日本代表対イタリア代表のテストマッチが、秩父宮ラグビー場で行われる。この試合では、日本代表が「SAKURA基金」のチャリティーオークションを実施する。「SAKURA基金」とは、2012年シーズンに日本代表選手たちが自ら発案した社会貢献活動で、皆さんからの寄付に選手たち自身の寄付を合わせ、東日本大震災や福島第一原発事故で被災した子どもたちへの支援活動を行うもの。今年は内田啓介選手がリーダーを務め、今秋シーズン以降の日本代表戦へ福島県内の高校生以下の子どもたちを招待する予定。

◎実施方法
秩父宮ラグビー場正面入り口左手にある特設テント内で、選手からの出品物を展示し、落札希望者は指定の用紙で試合開始前までに投票を行う。落札者を試合ハーフタイムに決定・発表し、試合後にテントで選手から落札者へ出品物を直接手渡しする。※現金のみ

予定出品物
・大野均選手:2014年6月8日、日本代表最多キャップ更新時着用スパイク
・田中史朗選手:スーパーラグビー参戦時着用スパイク
・五郎丸歩選手:2013年6月15日、ウェールズ代表戦第2戦勝利時着用スパイク
・リーチ マイケル選手:2014年5月25日、国立競技場最後の試合時着用スパイク
・堀江翔太選手:2014年日本代表練習トレーニングウェア
・試合着用ジャージー(選手サイン入り)
・2014年5月25日、ラグビーワールドカップ2015出場決定/国立競技場最後の試合時使用ボール(選手サイン入り)

  • Line