ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/03

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年03月06日

男子セブンズ瀬川HC決意を語る

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

3月6日は、日本ラグビー協会で男子7人制日本代表の瀬川智広ヘッドコーチの記者会見だった。東京セブンズ(3月22日、23日)、香港セブンズ(3月28日〜30日)に向けて、明日(7日)から鹿児島で最後のメンバー選考も兼ねた強化合宿が行われる。

この春は、15人制日本代表のエディー・ジョーンズヘッドコーチとの連携をとり、福岡堅樹、藤田慶和ら15人制代表で活躍している選手も7人制代表入りしている。日本選手権の決勝戦に出る選手の中からも、「2名〜3名の追加招集をする予定」と瀬川HCは明らかにした。過去に7人制代表経験のある選手とのことで、瀬川HCいわく、「日本のラグビー力(りょく)の結集」で、3月の大会に挑む。もちろん、これまで7人制の軸として活躍してきた桑水流裕策、坂井克行、ジェイミー・ヘンリー、ロテ・トゥキリらは国際試合の経験も豊富で計算できる戦力だ。

ここに、スピードとパワーを併せ持つジョセフ・リリダム(流通経済大)、ロトアヘア・ポヒヴァ大和(リコーブラックラムズ)らを加え、ただスピードで振り回すだけではなく、ボールをキープしてディフェンダーを集めたい。爆発的なスピードを持つ福岡堅樹は、トライゲッターとしてWTBに専念。比較的早いスピードで長い時間走り回るフィットネスを持つ藤田慶和は、「SHを軸にボールタッチの回数を多くしたい」(瀬川HC)と、選手起用のイメージも出来上がっているようだ。

合宿後に、スコッドを14〜15名に絞り込み、大会直前に登録12名を決めるスタイルになる。東京セブンズ前に、ウェールズやカナダに練習試合を打診しており、実戦を経験して大会に挑む。東京セブンズのプール戦では、現在、ワールドシリーズの総合2位の南アフリカ、7位アルゼンチン、8位ケニアと同組。「簡単に勝てる相手ではありませんが、2勝してカップトーナメントを目標にしています。日本での大会なので、皆さんに勝利をお届けしたい」と、瀬川HCは力強く語った。

  • Line