ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年09月02日

エディーさん、世田谷RSでラグビークリニック

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20120901_rugby_clinic_1

9月1日、世田谷区ラグビースクールで、エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチとトップ選手がラグビークリニックを行った。コーチとして参加したのは、サントリーのピーター・ヒューワット、ジョージ・スミス、小野晃征、リコーのリキ・フルーティ。クリニックには、コーチ約40名、生徒約250名(小学1-2年生が60名、3-4年生が60名、5-6年生60名、中学生&レディーズ60名)が参加した。

20130901_rugby_clinic_3

グラウンドを4つのゾーンに分けて、各10分、まずはコーチに教え、その後はコーチが生徒に同じ練習を行うという方式で行われた。アタックは、リキ・フルーティ、ブレイクダウンは、ジョージ・スミス、タックルは、小野晃征、攻守のリアクションを考えたゲーム形式は、ピーター・ヒューワットが担当。ジョージ・スミスはコーチに教えた後、自分の言った通りに子供達に教えている様子をみて感激していたようだ。

20130901_rugby_clinic_2

このクリニックは、エディー・ジョーンズHCが、ラグビーの未来のため、普及・強化に取り組むプロジェクトで、その名は「アンサンブル・ラグビー」。スキルの高いコーチと選手を育てることが、将来の日本代表強化にもつながるという考えで、ジョージ・スミスや、日本代表の小野晃征も賛同、アディダスジャパンが協力して開催されたもの。

アンサンブル・ラグビーとは、個人、ユニット、チームが組み合わさりアンサンブルとなってプレーすることがラグビー成功の秘訣だという考えで、名付けられた。今後は日本各地、世界にも広げていく考えだという。

この日の様子は、9月25日発売のラグビーマガジンで詳しく掲載される。

  • Line