ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/05

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2012年05月18日

山田雅人さん、ラグビーを語る

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

17日朝、つくばエクスプレスで取材に向かった。タレントの山田雅人さんと、大学ラグビー部の後輩の佐藤謙くんと一緒だった。昨年出版した拙著「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)でも書かせてもらった、神谷考柄さんに会った。パスを受けるのも難しい弱視ながら、高校3年間、健常者とともに左PRとして試合に出続けた奇跡のラガーマンである。現在は筑波技術大学に在学中なのだが、勉強の合間に時間を作ってもらった。相変わらず元気で、笑顔を絶やさず、我々の質問になんでも答えてくれる。気持ちのいい時間だった。

山田雅人さんは、現在、「語り」で新境地を開き、各地で公演を行っている。6月8日は、東京都文京区のシビックホールで東日本大震災支援のチャリティー公演があるのだが、そこで神谷さんの物語を語ってくれることになったのだ。縁あって山田さんと知り合った佐藤くんが、2019年のワールドカップに向けて、ラグビーも語り続けてもらおうとラグビーの魅力を語ると、山田さんが関心を示し、僕の本を読んでもらうことになった。そして、実現。今回の公演は、メインが「中畑清物語」になる。本当は野球で2本語るはずだったのだが、そこに「ラグビー青春物語」を入れてくれることになった。夢をあきらめない神谷さんの生き様が、山田さんの心を動かしたわけだ。

これまで、山田さんはラグビーを語ってこなかったので、お客さんにラグビーファンは少ない。そういう意味では、ラグビーに関心を持ってくれる人を増やすことにもつながるし、また、多くのラグビー関係者やファンのみなさんにも聞いてほしいと思う。一人でマイクに向かう「語り」は、映像がないぶん、想像がふくらんで、感動的。今回の公演の収益は全額東日本大震災の復興支援に寄付されるという。中畑さんも福島県出身。少年時代からの苦労を、山田さんがたっぷり語る。ゲストは、元駒沢大学野球部監督の太田誠さん。

■東日本大震災チャリティー
山田雅人、かたりの世界
日時:2012年6月8日(金)開場18:40 開演19:00
会場:文京シビックホール小ホール
東京メトロ丸ノ内線、南北線後楽園駅直結
JR水道橋駅から徒歩10分
料金:3,000円(全席自由)
主催・問い合わせ・チケットお申込み:山田企画
TEL:03-5793-3171
Mail:katarinosekai@hotmail.co.jp

Katari

  • Line