ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2007/01

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2007年01月09日

ジョン・カーワンHC就任会見

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

「おはようございます!」。背後で突然、ジョン・カーワンHC(ヘッドコーチ)の声が響いた。会見場に笑顔が広がる。9日午後、日本協会で行われた日本代表ヘッドコーチ就任記者会見での一コマである。※写真の画像悪くてごめんなさい。

20070109145108

昨秋から日本代表のチームアドバイザーとして帯同していたジョン・カーワン氏だが、1月1日付けで正式にヘッドコーチ就任となった。契約期間は2007年1月1日から08年12月31日まで。

会見は「みなさんごめんなさい」と、英語で話すことを日本語で詫びて始まった。「正式な契約を大変嬉しく思います。誇りの持てる日です」。報道陣との質疑応答の中でカーワンHCは日本が世界に勝つために必要なことを語った。

「ディフェンスラインのスピード、低いラック、密集戦まわりの敏捷性は、日本が世界一になれると思って取り組んでいます。日本代表に欠けているのは『自信』です。自分たちがこういうプレーをするんだという自信を持ち、それによって相手にプレッシャーをかけていきたい」

ワールドカップで2勝するために何が必要か? という問いには「なぜ2つと決めるのですか?」と笑顔で返し、「全部勝つつもりでワールドカップに行きます。自信が持てるスタイルを作らなければ」と。最後に日本語で「絶対、信じる」と付け加えた。

契約期間について問われると、「私にとって長さは重要ではありません。日本ラグビーの長期計画の中で、自分に果たせることをやっていきたい」と答え、「日本人のコーチを育てることも大切です。もし今後、外国人コーチがスタッフ入りするとしても、必ず日本人コーチとペアで動いてもらい、日本人コーチが育つようにしていきたい」と、日本代表は日本人の手で強化していくのが本来であるという考え方を示した。

変な書き方だけど、会見は面白かった。強化方法に対してのコメントは、これまでラグマガなどの雑誌や新聞で紹介されている通りなのだけど、答え方が上手いのでつい話に引き込まれる。某カメラマンが携帯電話の着信音を鳴らしてしまったときも、「もしも〜し、彼女ですか? どうぞ話してください」と日本語で突っ込み、すぐに表情を切り替えて真面目に語り出す。なんだか、話す仕事も多い僕としては勉強になってしまった。

現在カーワンHCは、日本代表のプレースタイルの練り直しなど、今後の強化に必要な準備を行っているようだが、最も重要な仕事は「トップリーグの試合を分析し、ジャパンのジャージーを着るにふさわしい選手がいるかどうか探すこと」。探している選手としては、「ラックでよく仕事をする選手」、「きちんとしたディフェンス、タックルができる選手」、「トライがとれる選手」などを挙げた。代表を目指す選手達、ポイントはこれですよ。大学の選手については「トップリーグで大学から入って1年目の選手が活躍していますし、継続して見ていきます」と語った。

代表スコッドの発表は2月5日。多めに選手を選び、春の戦いのなかでワールドカップスコッドを絞り込むことになる。

以下は、9日に行われた高専大会決勝の結果です。

◆第37回全国高等専門学校大会・決勝戦結果
神戸市立高専●5-24○宮城工業高専(前半0-10)
※宮城工業高専、4年ぶり9回目の優勝

  • Line