ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/11

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年11月21日

長い一日

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

日曜日未明、南アとウエールズの試合の解説が終わったのは朝4時だった。面白い試合で眠くはならなかったが、4時というのは、大阪に行くにはものすごく中途半端な時間だった。少しJSPORTSのカンちゃん(愛称)と話をして、東京駅に向かった。朝5時台の東京駅というのは初めての経験だった。みどりの窓口は、朝5時半から動き出す。それまでボーっとして過ごした。駅の中には、座るところはいくらでもある。博多行きの新幹線だと乗り過ごすのが怖かったので、広島行きの指定席をとった。もしもの場合、取り返しのつく距離だと思ったのだ。??? よう考えたら、無理やん。20時間くらい眠っていないくらいで思考回路がおかしくなるなんて。

車内では爆睡。新大阪からは、あっちこっちで椅子に座っては小刻みに睡眠をとり、長居に到着したのは午前11時くらい。なんだか、人がいるなぁ。しかもスポーツ観戦っぽい。セレッソ大阪か。なるほど。

関西大学リーグの1位〜4位順位決定トーナメント準決勝第一試合は、京産大と大体大の対戦。母校ながら冷静に見ていたのだが、京産大の出来がよく、一時は36-10。これはもうダメだと……いや、京産大の勝ちだと思った後半10分くらいから、急に大体大の動きが良くなった。ふと、僕が大学3年時の大学選手権1回戦を思い出した。慶應に前半30点とられて後半猛追したことがあった。あと10分あったら逆転できたかもしれない。大体大が勢いに乗ると手がつけられなくなるのは昔からだ。そしていつも追いつけない。しかし、今回は違った。追いついたのだ。しかも、最後のコンバージョンは、タッチライン際だった。

でも、坂田監督は「これは入る」と思っていたらしい。長崎コーチに聞くと、その場所は大学のグラウンドになぞらえると部室前の位置であり、いつもその角度から練習しているというのだ。それにキッカーの松岡君は、オール大分の高校時代からプレースキックがよく入るのが評判の選手だったという。お見事でした。(スコアは36-36)

ちなみに、トライ、コンバージョン、PGともに同数で、決勝には抽選の末、大体大が進んだ。大体大の抽選って珍しいなって思っていたら、坂田監督も指導者人生で初めてなのだそうだ。それで「ラグビー人生では?」って聞いたら、坂田さんが近鉄で10年プレーし、現役引退をするシーズンの全国社会人大会の準決勝で釜石と引き分け抽選というのがあったらしい。そこを切り抜けて決勝ではリコーを破り、日本選手権で石塚武生キャプテン率いる早稲田にも勝って日本一になったのだそうだ。ラグビー人生、2度の抽選で両方とも生き残ったか。先生は、運がいいなぁ。僕も高校の時、抽選で勝ったことある。

でもねえ、京産大は強くなると思う。よく考えてチームが作られている気がした。

準決勝のもう一試合は、同志社大と天理大の対戦。天理は今季好調のようで期待したのだが、せっかくのチャンスのラインアウトからの展開でことごとくミスをしていた。それにしても、同志社のBKラインはセンスあるなぁ。タックラーを外すパスのタイミングと走り込む角度など、絶妙である。正面くんは逞しくなった。関東勢との力関係がはかれないのだが、同志社はどことやっても勝つ能力はあると感じた。

京都の実家に向かいながら、25日発売のラグマガに掲載される速報レポートを書いた。

ずっと横になっていないから、さすがに眠い。土曜の夜、K1を必死になって見るんじゃなかった。これから久しぶりに深く眠ります。おやすみなさい。

  • Line