ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/03

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年03月06日

発熱

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

みなさん、たくさんのコメントありがとうございます。そっか、僕は深緑郎さんにならなくて、いいんだね。それから、まさしさん、お薦めマッチのところ間違いの指摘ありがとうございます。思いこんでました。訂正しておきますね。

さて、タイトルの通り、土曜の朝、39度を超える熱が出た。日曜日の朝にようやく下がったのだが、苦しかった〜。数年に一度、3日ほど寝込む風邪を引いたりするのだが、きまってラグビーシーズン終了後である。シーズン中は緊張してるってことなんだろうけど、今回は不覚だった。本当は、この土・日は、秩父宮ラグビー場でタグラグビーの全国大会を取材する予定だった。汐入小学校ホワイトベアーズの子供たちは取材で何度か会ったことがあるので、活躍ぶりを見たかったんだけどなぁ。初日は順調に勝ち進んだようだ。あの子たちのランニングスキルは並じゃない。大学や社会人のトップ選手でも彼らのステップワークとか、ボールもらうときのスピードとか見ると驚くからね。子供がタグラグビーやって、将来ラグビーに移行すると、面白いプレースタイルのチームができると思う。日本人はいかに相手のタックルポイントを外すかっていうラグビーをやっていかないと世界と戦えないから。身体を大きくして、コンタクトプレーを強くするのは、高校生くらいからでいいもんね。

  • Line