ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/03

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年03月02日

レジェンド

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

pic_050302_1

2人が掲載されているNZ雑誌を見て談笑する、坂田好弘さんとグラント・バティさん。右横にいる僕は、こんなかっこうで取材してました。ちょっとカジュアルすぎたかな

pic_050302_2

寮の前で2人の写真を撮ろうと思ったら、村田亙選手が出てきた。元気いっぱい。来季ももちろん現役続行だ!

pic_050302_3

ジュビロ豊田寮近辺でのどかな場所を探しての撮影風景。さてどんな写真がラグマガに掲載されるか


みなさん、トラックバックならびにコメントありがとう。めちゃくちゃ嬉しいです。元気が出ました。

きのうの朝、ひかり号で浜松に向かっていると、同行の高見カメラマンが、シャープのPDA『ザウルス』を取り出した。
「これ、インターネット見られるんです」
「マジ? どうやって? じゃあ、俺のブログ見てみて」
まもなく、手のひらサイズの小さな画面に『村上晃一 ラグビー愛好日記』の文字が。感動。
「うわ〜、ちゃんと始まってるよ〜」

ヤマハ発動機(ジュビロ)の豊田寮で、グラント・バティさん(ジュビロ・ヘッドコーチ)と、坂田好弘さん(大阪体育大学ラグビー部監督)の対談が始まる。段取りをしてくれたジュビロのサブ・マネージャー林優子さんは僕の大学の後輩である。つまり、二人とも坂田先生の教え子だ。

「バティ、優子は僕の生徒だったんだよ」(坂田)
「それは知らなかった。彼女は非常に優秀だよ」(バティ)
「村上も優秀な生徒だったんだ」(坂田)
「彼は、そこそこだけどね」(バティ)

えーっ! そんな俺のこと知らんやん、バティ…。と心の中で突っ込んだ。まったく愛嬌のあるおじさんだ。話しはとても面白かった。

要するに身体の大きさより大切なのは強い気持ちであるということ。バティは165cmしかないのにオールブラックスで55試合に出場した。「小さいことを理由に選考で落とされたことは一度もない」と言い切っていた。168cmの坂田先生も、69年にNZに渡り、クラブで数試合こなすと、すぐにカンタベリー州代表のセレクションに呼ばれている。つまりこれは選ぶ方もサイズではなく、選手の質をよく見極めているということだ。詳細はラグマガ5月号(3月25日発売)にて。

以前から感じていることだが、伝説の選手は人を見る眼差しが優しい。誰にも負けなかった時代を持ち、人々の尊敬を一身に集めてきた時間がそうさせるのだろう。元ウエールズ代表で、ラグビー史上最も偉大な選手と言われるガレス・エドワーズや、同じくウエールズの伝説的選手ジェラルド・デービスにインタビューしたときにも感じた。それはバティにも感じるし、坂田先生はそういう雰囲気を持つ数少ない日本人だと思う。

実を言うと、坂田好弘の偉大さに本当の意味で気付いたのは卒業してからだ。学生時代は自分を一軍に選んでくれるかどうかだけが問題で、選んでくれないときは「選手見る目ないんちゃうか」とひどいことを考えていた。客観的に振り返れば選考は正しかった。選手は自分が一番と思っていないとやっていられない。だから、現役選手の言うことは話半分に聞いておかないといけないのだ。取材の心得である。

そういえば、取材中にベテラン村田亙選手がやってきて、その場にいる全員と握手していった。最高齢トップリーガーは相変わらず元気で振るまいが堂々としている。プロフェッショナルの手本だ。

ひかり号で東京に戻り、夜は自宅でバースデーケーキをたらふく食べた。スーパー12の放送を見ながら、これを書いている。あっ、ウマンガがボールもぎ取った。凄い。

  • Line