人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月5日

日本代表、そしてワールドカップに向けての戦いが別府でスタート。ラグビー日本代表NDS合宿

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

NDS合宿は別府でスタート

いよいよ、ラグビー日本代表活動が始まった。6月3日(金)から日本代表は宮崎で、そして「セカンドチーム」にあたる「NDS」(ナショナル・デベロップメント・スコッド)も同日から、大分県別府市で合宿を行っている。

ラグビー日本代表テストマッチ2022

そして、4日(土)午後には、11日(土)に東京・秩父宮ラグビー場で「トンガサムライXV」との試合を控えるNDSが練習を公開した。34名が参加の予定だったが、PR(プロップ)北川賢吾(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)は日本代表の練習相手として宮崎合宿に参加し、FL(フランカー)徳永祥尭(東京ブレイブルーパス東京)はコンディション不良で参加しなかった。

練習内容をモニターで確認

NDSのHC(ヘッドコーチ)には、2019年以前からジェイミー・ジョセフHCとともに、ウルフパックなどの指導にあたっている静岡ブルーレヴズの堀川隆延監督が就いた。NDSの内容やスケジュールなどほぼ日本代表と同じだという。

初の全体練習後、堀川HCは「今年、日本代表がやろうとしていることを、先週1週間、ジェイミー(・ジョセフ)と、新しいディフェンスコーチのジョン・ミッチェルと一緒にいて、彼(ミッチェル)がやりたいディフェンスをしっかり学んだ。リーダーたちが積極的に選手を集めて、いいトレーニングができたと思います」と振り返った。

リーダーの田村

キャプテン、副キャプテンこそ名言しなかったが、リーダー陣は、堀川HCが「キーになる選手」と名指ししたSO(スタンドオフ)田村優を筆頭に、HO(フッカー)堀越康介、LO(ロック)大戸裕矢、CTB(センター)ラファエレ ティモシー、FB(フルバック)尾崎晟也の5人となった。

2週間という短い中でのNDSの活動におけるスローガンは「グリット」になった。「重要で、とにかくやりきる。今回に関しては、やりきるという言葉に、不屈の精神、這い上がるという言葉もつけているんですけが、本来は日本代表にいなきゃいけないような人材もここにいる、ラストチャンスであるような選手もいる。そういう意味合いも含めて、グリットという言葉をスローガンにした」(堀川HC)。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ