人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月3日

関東大学春季交流大会終盤戦 全勝の明大、東海大を追う早大、帝京大が 早大グラウンドで対決

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

早稲田大学 vs. 帝京大学

関東大学春季交流大会は、コロナ陽性者などの影響で辞退するチームが相次ぎ、試合数にばらつきがあるが、A、B、Cグループともに優勝争いの終盤戦に入る。昨季の成績上位のAグループは、東海大(勝ち点14)と、明大(勝ち点13)が3戦全勝で首位を争い、帝京大(勝ち点10)、早大(勝ち点6)が続いている。6月5日には、東海大対明大の首位攻防戦と、帝京大対早大の注目対決がある。本欄では、帝京大と早大の試合を紹介したい。

奥井章仁(帝京大学)

3位の帝京大は、相手チームの辞退による不戦勝が2試合あり、実際に戦ったのは、5月29日の明大戦(静岡エコパスタジアム)だけだ。惜しくも敗れたが、青木恵斗(2年)、奥井章仁(3年)という突破力ある両FL、昨季からコンビを組むSH李錦寿(2年)、SO高本幹也(4年)のHB団を軸にスピーディーにボールを動かし4トライをあげた。一方で、スクラム、ラインアウトは不安定で、ブレイクダウンでも圧力を受け、26-21のリードで迎えた後半36分から2トライを奪われてしまった。

対する早大は、3戦して1勝2敗。5月1日、札幌ドームで開催された明大との試合では、終了間際に決勝トライを奪われ、翌週の東海大戦ではディフェンスの圧力に苦しみ、29-38で敗れた。5月22日の大東大戦では、相良昌彦キャプテンのトライを手始めに、FB小泉怜史(4年)、WTB槇瑛人(4年)らが10トライをあげた。春はどのチームも様々な選手を試しており、試合によって大きく違う。早大は5月29に招待試合で慶大と対戦し、38-21で勝利した。この試合では期待のスーパールーキーCTB野中健吾(1年)が先発してトライをあげている。昨年の高校日本一・東海大大阪仰星の中心選手でもあった野中は即戦力として活躍しそうだ。

48時間前に発表されたメンバーを見ると、帝京大では、明大戦から先発で3人の変更がある4番のLOはダアンジャロ・ アスイに代わって、190cm、103kgの山川一瑳(4年)、SHは李に代わって岡本泰斉(4年)、11番のWTBは大藪洸太からツイナカウヴァドラ・ミティエリ(3年)。この世代屈指のHO江良颯(3年)はリザーブからのスタートで、明大戦に続いて福井翔(4年)がHOで先発する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ